« | »

2005/07/15

Team CRC Japanレポート(20)

僕の想像を遙かに超えてメンバーのみなさんには頑張っていただき、感謝感謝です・・
逆に夏バテで病院通いの僕・・恥ずかしい限りです ^^;;
2005年ワークス待遇 神奈川県・「石川」さんによるレポート(カーペットナイフV3.2R)
7月3日に埼玉県三郷のNRCスタジアムサーキットに初めて仲間3人と行って来ました。我が家から高速を使い1時間ちょっとで到着しました。GPも走れる屋内サーキットということで少し特殊な路面と思われるサーキットです。路面を歩いてみるとネリネリしたいかにもオイルががのっているといった状況がすぐ
にでもわかりました。
私のカーペットナイフは、タイヤ以外前週のクレスト1次予選時のセットのままで走行してみました。
タイヤは常連さんのアドバイスからフロントヨコモLM、リアJACOアクアです。タイヤ径もとりあえずF43mm、R46mmで走行してみました。すると全く問題なく走ってしまいました。
そこで試しにリアタイヤをグリーンに変更してみるとリアが軽くなってしまい、スロットルを抜くとリアが滑り出してしまう始末。スロットルを少し入れた状態でしかコーナーをぬけられないようです。
ヨコモSGも似たような感じでした。ここは、やはりアクアで決まりのような感じですね。タイヤ径は、全く変わらず不思議な路面です。グリップ感は、オイルの上を走っている状態なのでネットリといった言い方がいいでしょうか。
路面の重さは感じますが、いくらでも微調整が効くような、多少失敗したラインどりからでも修正がきくので私にはとても走らせやすい路面でした。
今回私はKOのポンダーを搭載していないので正確なタイムは計測できなかったのですが、常連さんとの走行で12秒前半での周回をしていたようです。
といった感じでシャーシセットは、地上高以外はほとんど変更しないで大変気持ちよく走行できました。走行を純粋に楽しむにはもってこいのコースではないでしょうか。少し煙たかったですけど。
Fタイヤ ヨコモLラバーミディアム 43mm
Fホイール ヨコモ
Rタイヤ JACO アクア 46mm
Rホイール ヨコモ
グリップ剤 黒缶 F:全塗り5分 R:全塗り5分
Fスプリング WOLFE MOTOR SPORTS 0.5mm
Rダンパー CRC製 オイル無限600 スプリング カッパー
ロアーシャーシ 3.2用 2.1mm
ダンパー長 70mm
Fサスアーム キャスター可変10度(アルミ)
前後にシム(中間状態)
ナイロン削りだしアッパーアーム
Fキャンバー 1度
キングピンシム アッパー上1.2mm、アッパー下1mm
トーイン 0度
サーボホーン キンブローセンター穴表側から使用
Fアクスル ノーマル
F車高調整スペーサー 1.5mm
R車軸 #2下向き
地上高 Fサスアーム下3.4mm
バッテリー横3.8mm リアアクスル下3.4mm
サイドスプリング ホワイト
ロールダンパーオイル CRCヘヴィー(白キャップ)
センターピボット位置 ローマウント
モーター ヨコモSワールド缶 エコー9TW手巻き
モーターブラシ アトラス
ギア スパー96 ピニオン24
バッテリー プロマッチGP3700など
ボディ パーマ ZYTEK
スポイラー なし
アンプ GM パープルSX9
レシーバー LRP PHASER
サーボ サンワ141HR
備考 ストラットバーは2mm厚カイダック材を使用
サーボ位置をノーマルより8mm後方
ロールダンパー取り付け部のピロボール内側外側ともに2mmのシム

トラックバックURL

コメント & トラックバック

コメントはありません

コメントフィード

コメント





XHTML: コメントではこれらのタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>