« | »

2017/07/10

Team CRC Japan2017レポート(23)

ハヤト選手より6月のチームレポートが届きました


皆さんこんにちは、TeamCRCJapanのハヤトです

今回は、6月29日にレイアウト変更されたばかりのクレストスピードウェイで開催された12EPRナイトレースのレースレポートです

クレストスピードでは、7月16日に12EPR OPENクラスのJMRCA関東2次予選が開催されるので、参加される皆様のご参考になれば幸いです

<タイヤ、マシン>

レイアウト変更後、初のレースでしたが、朝から皆さんが走行をしていたので、グリップはかなり上がってきました。それでも、後半はグリップが切れてしまう選手も多く、予選はいつもよりもかなり厳し展開となりました。

タイヤは、GXX35、GXX30AXX30の3種類を用意し、色々試してみた結果、今日の路面ではGXX30がBestLap&周回とも一番良かったので、予選&決勝ともタイヤはGXX30 一択でいきました。

2次予選までには、路面はかなり上がると思うので、GXXでハイサイドする場合は、AXX30を試してみると良いかと思います。

マシンは、アルミ&カーボンシャーシの2台体制で挑みましたが、カーボンシャーシでもハイサイドする感じは全くなかったので、今回はアルミを使わず、カーボンシャーシ仕様で参戦しました。
2次予選では、アルミシャーシの方が良い可能性は”大”だと思います。

<予選>

マシン&タイヤもかなりいい感じだったので、予選は3ラウンド全てTOPゴールすることが出来、TQを獲得することが出来ました。2番手はチームメイト山Pです。(山Pは、タイヤをGXX35をチョイスしていました)

3番手は、CRCのプロトマシンを一緒にテストしてもらっている山本さんとなりました。

Aメイン進出の上位8選手

TQ ハヤト CRC Xti-WC カーボン (プロト)
2位 山P CRC Xti-WC ノーマル
3位 山本さん CRC Xti-WC アルミ(プロト)
4位 堀選手 百選練磨 アルミ
5位 牧田さん CRC Xti-WC アルミ
6位 渡辺翔太さん KYOSHOプラズマ
7位 篠宮さん CRC Xti-WC アルミ(プロト)
8位 長谷川さん XRAY 2017

*今回のレースでは、Aメイン8台中 5台のマシンがCRCとなりました

<決勝>

レース前半は、チームメイトの山PとのTOP争いとなりましたが、中盤から徐々に2番手以降を引き離すことができ、そのままTOPゴールすることができました。 2位にはCRCマシンをドライブする山本さん、3位は大ベテランの堀選手となりました

imageimage

 

<7月16日の関東2次予選に向けて>

お薦めタイヤは、GXX30 or GXX35を中心にハイサイド路面になったら 迷わずAXX30一択でOKだと思います。GXX30とGXX35の違いは、GXX35の方は失速感が少なくコーナースピードが速い! 但し、ストレートエンドでのタイヤのひっかかりが強いので、ハイサイドしやすい!GXX30は、フロントのひっかりが少なくGXX35よりハイサイドはしづらいと思います

image

AXXは、チームメイトのコウスケ君もレポートでUPしていましたが、GXXよりBestLapは落ちることもありますが8分間トータルでは、一番楽にタイムを出せると思います。
*超ハイグリップでは、BestもGXXより速い時があります


過去のレポートへのリンク
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

トラックバックURL

コメント & トラックバック

Comments are closed.

コメントはありません