« | »

2008/07/09

Team CRC Japan2008レポート(21)

2008年のワークスドライバー 群馬県ハヤト さんから9回目のレポートが届きました
一次予選に続き 関東二次予選もトップ通過を果たした喜びのレポートです
---------------------------
ハヤト 一次予選に続き 関東二次予選でもTOP通過!!
CRC ジェネレーションX Best10に5台入賞!!!

2008年CRCJapanメンバーのハヤトです。
今回は、2008年度1/12関東二次予選の模様(7月6日クレストスピードウェイ)をレポートさせて頂きます。
当日は、コース内の気温が35度以上(2階席は45度!!)となり、大変厳しい二次予選となりました。(ハヤトは暑さに非常に弱い、やはりダイエットが必要ですね。 パパ談)
参加人数が37名と昨年度より人数が減っているのは非常に残念ですが、昨年度の全日本選手権で30位以内の選手も多数参加されいて、非常にレベルの高い予選となりました。
まず、僕の二次予選セットです
【1】全体
ボディ=スピード8 HD
シャーシ=ジェネレーションX JSPEC (JSPEC)
グリップ剤=黒缶(HG)・反応時間 フロント30分 塗り幅 3/4
                 リヤ30分 全塗り
前後タイヤ=フロント・Lラバーハード41.8mm
リア・Lラバーハード 42.5mm
*コントロールはフロントPMマゼンタ 42mm リア PMピンク 42.5mm
前後ホイール=フロント・ヨコモ リヤ・TRINITY or ヨコモ
ギア比指数=スパー・90T ピニオン・21T
車高=前2.6mm 後2.7mm
バッテリーポジション=後ろ
サーボ取り付け位置=シャーシべた付け
サイドリンクはロング仕様です。
 
【2】フロント
スプリング=CRC 0.50 (シリーズ戦よりフロント軟らかくしています)
キャンバー=右 0,75°左 0.5°
キャスター=シム前に1枚、後ろに2枚
トー=0.2mmアウト
キャスターブロック=10°
【3】リア
サイドスプリング=CRCブルー (ロアブレスから1.5mm浮かせています)
サイドフリクショングリス=CRCホワイト(ハード)
センターショック=CRC DualShock
ショックオイル=G-Xキット標準
スプリング=CRCカッパー
【4】メカ類
モーター=オリオン4.5(2008年モデル)
ESC=LRPスフィアコンペション2007
バッテリ=ARD FM4555 or FM4600
別電=なし
サーボ=KO PDS-951CS
プロポ=M11 (2.4G)

[予選組み合わせを決めるコントロール・ヒート]
 第一ヒートで千葉選手(CEFX)が49周をマークしてTOPに立ちます。第二ヒートでは渡辺選手(CEFX)が48周で2番手タイムをだします。
 そして僕は第三ヒートです。なかなかいいスタートです。弱アンダー気味ではありますが我慢の走りです。中盤まで堀選手(コラリー)とのTOP争いになります。後半になって堀選手がペースがダウンし、僕はなんとかそのままゴール!!タイムは50周8分8秒をマークしこの時点で暫定TOPに立ちます。
  
 そのあとのヒートでは、松島選手(ジェネレーションX)が48周、国友選手(Speedマーチャント)も48周
 
  <コントロール・ヒートの結果> 上位6選手が最終(第6)ヒートとなりました。
   TOP ハヤト 50周 8分8秒 CRC ジェネレーションX Jspec
   2位 千葉選手 49周 CEFX
   3位 堀選手 49周 コラリー
   4位 松島選手 48周 CRC ジェネレーションX
   5位 渡辺選手 48周 CEFX
   6位 国友選手 48周 Speedマーチャント
[予選1回目]
 予選1回目のセットはコントロールと全く同じです。
 国友選手はマシンをSpeedマーチャントからCRC ジェネレーションX改(野島SP)に変更して予選に挑みます(これで最終ヒート6台中3台がジェネレーションXとなりました)
 予選開始です!!! 暑さとの戦いです。スタート直後に9秒32と本日のBestLapを出して、快調に周回を重ねていきます。二番手には国友選手が続きますが、痛恨のミスでSTOP!ハヤトは、最終LAP若干バッテリダウンしましたが、なんとかゴール!!!タイムは、50周8分7秒で予選1回目終了時点でのTOPに立ちます。
[予選2回目]
 暑さもピークになりました。コース内の気温は40度近いです。ハヤトは頭が痛いとやる気なし!! 確かに暑い! 辛いです。殆どの選手が予選2回目では、タイム更新できませんでした。
[予選3回目]
 予選2回目よりは、若干気温も落ちた!?感じです。
 全選手 気合でアタックです。最終ヒートのスタートです。まずTOPにたったのは、松島選手(ジェネレーションX)です。BestLapも9秒37と非常にハイペースで走行します。二番手には堀さんです。こちらもハイペース!!千葉選手、渡辺選手、国友選手、ハヤトも9秒4のBestLapでTopから6番手まで3秒以内の差でレースは進んでいきます。6分過ぎた時点でも、松島選手 以前TOPをキープ!!1秒以内の差で堀選手、千葉選手が続きます。このペースは、間違いなく50周ペースです。6分30秒経過、ここでハヤト集中力がきれたのか予選を終了し、他の選手の結果を待つことにします。残り90秒を切った!! TOPを快走していた松島選手が痛恨のバッテリーダウン!! ここでTOPは堀選手となります。残り20秒!! 今度は掘選手がバッテリーダウン!!残り10秒 TOPは千葉選手となります。二番手は1秒差で国友選手!!タイムが微妙な感じです。上位3台が50周に突入です!!ハヤトはかなり心配そうな顔です。パパは心臓バクバクです。そして8分経過 ゴーーーーーールです。
  <二次予選最終結果>(Best 10)
   TOP ハヤト 50周8分7秒 CRC ジェネレーションX Jspec
   2位 千葉選手 50周8分8秒 CEFX
   3位 国友選手 50周8分9秒 CRC ジェネレーションX改
   4位 堀選手 50周8分10秒 コラリー
   5位 長谷川選手 49周8分4秒 CEFX
   6位 松島選手 49周8分4秒 CRC ジェネレーションX 
   7位 渡辺選手 49周8分5秒 CEFX
   8位 高野選手 49周8分6秒 アソシ
   9位 矢内選手 49周8分7秒 CRC ジェネレーションX改
   10位 斉藤選手 49周8分10秒 CRC ジェネレーションX

   
クレストホームページJMRCA関東支部ホームページに二次予選結果がUPされています。
見事トップ通過を果たしたハヤト選手のCRCジェネレーションX JSPEC

 最終的には、千葉選手に1秒差まで詰められましたがなんとか二次予選をTOP通過することができました。これからは暑さ対策が必要です。(1にダイエット、2にダイエット、3,4が練習、5にダイエットです)
 次は、いよいよ本選です。この勢いで頑張りたいと思います。一里野へは8月9、10日に練習に行く予定です。(しかし遠いですね。交通費だけでパパの小遣いは・・・)
*気になったこと
 レース中に充電していて、ピーク電圧が5.90までしか上がらないケースが2回ありました。充電時に温度カットはしていません。(バッテリは新品慣らし済み)やはり、外気温度が40度を超えると電池も馬鹿になってしまうか!?(クーラーBOX等が必要になるのかな!?)
今回も纏まりの無い文章となってしまい大変申し訳ありませんでした。今後ともよろしくお願い致します。
ハヤト&雑用係りハヤト父 
---------------------------
2008年度のレポートを見る
2007年度のレポートを見る
2006年度のレポートを見る
2005年度のレポートを見る

コメント & トラックバック

Trackback are closed.

シモダワークスレースレポート
1号車、新車投入にもかかわらず全くかすらず。
3号車、高額(?)バッテリーを投入するもまったくかすらず。
勇人はともかくまつしまん、さいとうさんも遥かかなたになったきたな・・・

ヘ( ̄▽ ̄*)ノ・ ・.♪ヒャッホーイ♪.・ ・ヾ(* ̄▽ ̄)ノ
トップ通過オメ! でかした!

コメント





XHTML: コメントではこれらのタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>