« | »

2008/07/15

Team CRC Japan2008レポート(23)

2008年のワークスドライバー 群馬県ハヤト さんから10回目のレポートが届きました
---------------------------
CRCジェネレーションX クレストシリーズ戦1,2フィニッシュ!!
優勝 ハヤト(G-X) 2位 国友君(G-X)

2008年CRC Japanメンバーのハヤトです。
今回は、2008年7月のクレストシリーズ戦の模様をレポートさせて頂きます。
先週の二次予選と同様、コース内の気温が35度以上(2階席は45度!!)となり、今回も大変厳しいレースとなりました。
参加人数も先週が二次予選だったこともあり、20名といつもより少なめです。
ハヤトのセッティング (2次予選からの変更箇所 赤字)
【1】全体
ボディ=スピード8 HD
シャーシ=カーペットナイフGen-X JSPEC仕様
グリップ剤=黒缶(HG)・反応時間 フロント30分 塗り幅 3/4 リヤ30分 全塗り
前後タイヤ=フロント・PMマゼンタ 42mm
リア・PMピンク 44.5mm
前後ホイール=フロント・TRINITY リア・JACO大径
ギア比指数=スパー・90T ピニオン・20T
車高=前2.8mm 後2.8mm
バッテリーポジション=後ろ
サーボ取り付け位置=シャーシべた付け
サイドリンクはロング仕様です。
 
【2】フロント
スプリング=CRC 0.50
キャンバー=右 0.75°左 0.5°
キャスター=シム前に1枚、後ろに2枚
トー=0.2mmアウト
キャスターブロック=10°→ 
【3】リア
サイドスプリング=CRCブルー (ロアブレスから1.5mm浮かせています)
サイドフリクショングリス=CRCホワイト(ハード) → kyosho 5000番
センターショック=CRC DualShocK
ショックオイル=Gen-Xキット標準
スプリング=CRCカッパー
【4】メカ類
モーター=オリオン4.5(2008年モデル)
ESC=LRPスフィアコンペション2007
バッテリ=SMC 4600(最新ロット) and エクストリームFM4555
別電=なし
サーボ=KO PDS-951CS
プロポ=M11 (2.4G)

[予選1回目]
 僕は最終第3ヒートの出走です。まずロケットスタートを切ったのが、コラリー堀選手です。二番手争いはエスティマ選手と僕になります。6分までは堀選手が51周ペースで周回をかさねていきます。バッテリがもつのだろうか!?っとここで、堀選手がバッテリダウン!これで、TOP争いは僕とエスティマ選手の師弟対決です。8分間 トラブルなくゴール!!
予選1回目の結果
TOP エスティマ選手 50周8分5秒 CRCジェネレーションX改
2位 ハヤト 50周 8分8秒 CRCジェネレーションX Jspec
3位 スピオ選手 50周 8分10秒
[予選2回目]
 まず第二ヒートの国友君が50周8分6秒をだして、暫定2番手になります。第3ヒートのスタートです。今回は、SMCの最新セルで予選に挑みます。またまた堀さんがロケットスタート!!二番手争いは またまたハヤトとエスティマ選手の師弟対決です。7分経過!! ここでまたまた堀選手バッテリダウン!!ハヤトTOPのままゴールです。
予選2回目の結果
TOP ハヤト     50周 8分3秒 CRCジェネレーションX Jspec
2位 エスティマ選手 50周 8分4秒 CRCジェネレーションX改
3位 国友君     50周 8分6秒 CRCジェネレーションX
[予選3回目]
 予選2回目よりは、若干気温も落ちた!?感じです。路面グリップも若干上がった感じです。まず第二ヒートの国友君が51周8分8秒で暫定TOPに立ちます。予選3回目はエクストリーム4555でアタックです。まずTOPにたったのは、スピオ選手です。!!BestLAPも9秒20まで出ています。僕も9秒27までだして追い上げるが、いまいちスピードが出ない!!4分経過した時点で、スピオ選手が52周ペースで爆走中!!!二番手には青山選手です。51周ペースで快走中です。7分経過時点、ハヤトスピードが出ない!!なんとバッテリダウン!!!スピオ選手はいまだに9秒中盤以下のタイムで爆走中!!!!残り20秒!! ここでスピオ選手バッテリダウン&痛恨のミス横転!!ここで8分経過!!!
最終予選結果 (上位8名がAメインになります)
TOP 国友君  51周8分8秒  CRCジェネレーションX (素晴らしい!!)
2位 スピオ選手  51周8分8秒  最後の横転がなければ
3位 青山選手  50周8分0秒  CRC Tフォース
4位 エスティマ選手  50周8分1秒  CRCジェネレーションX改
5位 ハヤト  50周8分3秒  CRCジェネレーションX Jspec
6位 長谷川選手  50周8分8秒 CEFX
7位 堀選手  50周8分11秒 コラリー
8位 千葉選手  49周 8分1秒 CEFX
[決勝]
 いよいよAメイン決勝の時間です。バッテリはSMCの最新セルでアタックです。バッテリテストも兼ねているので、スタートから全開で行くようパパから指示あり!!
 決勝スタートです。まずTOPにたったのはTQスタートの国友選手です。ハヤトは1周目で2番手JUMP UPです。3番手 青山選手、4番手争いはエスティマ選手、スピオ選手となります。順位の変動がないまま7分経過!! TOPの国友君のモータはなんと6.5T!です。バッテリダウンはまず無し! ハヤトはTOPと常に1秒以内の差です。ハヤトも全くバッテリダウンする気配なし!SMCの最新セルは素晴らしい!?
  残り10秒!! TOPと2番手の差は0.5秒!!!このままゴールか!!! っとここで国友君 シケインで痛恨のミス!横転です。これでハヤトTOPに立ちます!!そのまま8分経過ゴール!!!!!!!!!!!!
決勝結果
優勝 ハヤト  52周8分8秒 CRC ジェネレーションX Jspec
2位 国友君  51周8分0秒 CRC ジェネレーションX
3位 青山選手 51周8分1秒 CRC Tフォース
4位 エスティマ選手 51周8分4秒 CRC ジェネレーションX改
5位 スピオ選手   51周8分5秒
 表彰式の写真です。

 優勝ハヤト&2位国友君の2ショットです。

 
 写真左がハヤトG-X(Jspec)、右が国友君G-Xのマシン映像です。

 今回のレースで気になった点!!
  ・2位 国友選手は6.5Tモータとは思えないスピード!!秘密はSpeedパッションのアンプなのか!??レース終了後に、センサレスで走行したが、8分間まったく問題なく走行!!
  
  ・SMCバッテリ
   ハヤト決勝でSMCバッテリを投入したが、ランタイムの長さに感動!!
   レース中のBestLap9秒30、8分経過後のタイム9秒4!!!!!!
   あと5周くらいは全開で走行できそう(ハヤト談)
  
   ・レース後半でのグリップ剤切れ
   今回のレースから、リアを大径にしてチャレンジ!!
   さすがに路面を蹴る感じあり!
   PMピンクと大径ホイルの愛称がいいのか?
   レース後半でもグリップ力が落ちなかった!
 いよいよ全日本まで一ヶ月チョイです。
 練習は8月9,10日を予定しています。
 もし、ちょっと太ったCRCのTシャツを着ている子供を発見したら
 声をかけてあげてください。
 全日本本戦は、水曜から一里野入りする予定です。
 エスティマさん&スピオさん 色々アドバイスありがとうございます。一里野で待ってます(笑)
 以上 今回も全く纏まりの無い文章になってしまいましたが
 今後ともCRC & ハヤトをよろしくお願い致します。
ハヤト&雑用係りハヤト父 
---------------------------
2008年度のレポートを見る
2007年度のレポートを見る
2006年度のレポートを見る
2005年度のレポートを見る

コメント & トラックバック

Trackback are closed.

コメントはありません

コメント





XHTML: コメントではこれらのタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>