1 / 53123...153045...last

2017/07/21

今週末のMRWはレース無しです

今週末のMRWではレースが予定されていません。土日ともに10~20時までフリー走行可能です

皆様のご来店お待ちしております

 

MRWではレースに参加してくださった全ドライバーのラップタイムと周回数を記録しています(MRW Ver9.0レイアウトの個人記録)。自己ベストの更新に励むもよし、ライバルの記録にチャレンジするもよし、MRW Ver9.0レイアウトを存分に楽しんでください ^^

 

ミニッツやDTMサイズのR/Cコース「溝の口レースウェイ(MRW)」のご紹介

2017/07/16

7/15開催のレースレポート

昨日おこないましたMRWシリーズ戦のレポート&動画です。次回以降のレーススケジュール

8/5(土):エキスパート / ECO6GTワイド 最終戦
8/13(日):サンデーレース ECO6ナロー / ECO6 HMナロー
8/19(土):ECO6ナロー / ECO6 HMナロー 最終戦

となっています。皆さんのご参加お待ちしています

 

ECO6ナロークラス第三戦: リザルト
16名のドライバーで争われたこのクラス。シリーズポイントトップのセキネ選手はあえて(?)いつもとは違う不利なボディーで参戦。予選は5分36周のコースレコードを樹立したヤングドライバー煌河選手がTQ、そこに絶好調ワカマツ選手、ナガサワ選手が続く展開。決勝はTQ煌河選手のちょっとしたミスからトップを奪ったワカマツ選手がそのままトップゴールし自身初優勝を決めた。なおAメイン4位ゴールのカマオ選手が1周のコースレコード08.140秒をマークした

MRW創設時からの常連ドライバー ラスタ選手が睨みをきかせる動画はこちら ↓

RIMG2012WS00034

 

ECO6 HMナロークラス第三戦: リザルト
11名のドライバーが参加したこのクラス。予備予選ではコースレコードホルダーのナガサワ選手が自身の記録を破る08.342秒をマーク。予選では直前のナロークラス優勝のワカマツ選手が勢いそのままにTQを獲得。しかし決勝では自らのミスでワカマツ選手が後退、4番手スタートのクワハラ選手が優勝を決めた

RIMG2013WS00035

 

サマーシリーズポイント・ランキング
コースレコード
個人記録

ミニッツやDTMサイズのR/Cコース「溝の口レースウェイ(MRW)」のご紹介

2017/07/15

MRWライブ映像

16時よりレーススタート。今日はECO6ナローとECO6 HMクラスをおこないます

 

ミニッツやDTMサイズのR/Cコース「溝の口レースウェイ(MRW)」のご紹介

2017/07/14

明日はMRWレース開催日です & 前回レースのリザスト

明日はMRWレース開催日です。開催クラスはECO6ナロー / ECO6 HMナローです。明日からの3連休はずっと開店10時、閉店20時です。みなさんのご参加お待ちしています

 

7/1に開催したMRWレースのリザルトです

レース前にはピザとコーラでプチ・パーティーを開催。これからも店長の腹具合でゲリラ的におこないますので次回をお楽しみに ^^

RIMG1989RIMG1990

 

エキスパートクラス第三戦: リザルト
久しぶりの反時計回りレースとなったこのクラスには9名のドライバーが参加。前回TQ&優勝を決めた いちさんを中心とする展開になるかと予想されたが始まってみるとクワハラ選手が3分、8分のコースレコードを更新するこれ以上無い走りでパーフェクトウィンを決めました。いちさんは意地で1周のコースレコードを更新(07.595秒)。次回の最終戦でサマーシリーズの総合優勝ドライバーが決定します

WS00028

RIMG1991

 

ECO6 GTワイド第三戦: リザルト
MRWの人気カテゴリーとなったGTワイドクラス。13ドライバーによる争いは1周、5分のコースレコードをクリシマ選手が更新する展開。クリシマ選手は第二戦でTQ&優勝を決めている。しかし決勝ではセキネ選手がこのクラス初優勝を決め、2位には好調クワハラ選手が入りクリシマ選手は総合3番手でレースを終えた。次回の最終戦でサマーシリーズの総合優勝ドライバーが決定します

WS00029

RIMG1992

 

サマーシリーズポイント・ランキング
コースレコード
個人記録

ミニッツやDTMサイズのR/Cコース「溝の口レースウェイ(MRW)」のご紹介

2017/07/09

本日おこなったサンデーレースのリザルトと動画

本日当店コースMRWでおこないましたサンデーレースのリザルトと動画です。満席18名となりレースも大変盛り上がりました。ご参加いただいた皆さんありがとうございました

月1回のサンデーレース次回は8月13日におこないます。開催クラスはECO6ナロー / ECO6 HMナロー です。次の土曜日7/15は定例レース日です。こちらへのご参加もお待ちしています

 

サンデーレースECO6ナロー:リザルト(20170709-Narrowの部分)
MRW常連を抑えイノマタ選手がTQ&優勝のパーフェクトウィン。二位にはヤングドライバー・コウガ選手、三位にMRW常連セキネ選手が入賞

RIMG2004_R

 

サンデーレースECO6 GTワイド:リザルト(20170709-GTの部分)

予選はハルキ選手が定例レースのコースレコードを破るタイムでTQ。しかし決勝では1回目2位、2回目1位のセキネ選手が総合優勝、総合2番手にイノマタ選手(1,3位)、総合3番手にChiba選手(4位、2位)が入り、TQハルキ選手は総合4番手でレースを終えた

RIMG2005_R

 

ミニッツやDTMサイズのR/Cコース「溝の口レースウェイ(MRW)」のご紹介

2017/07/07

今週末のMRW

今週末のMRWのスケジュールです。開店時間は10時、20時閉店です

8日(土):レース無し、終日練習走行日です

9日(日):サンデーレースを14時からおこないます。開催クラスはECO6ナローとGTワイドです

 

ミニッツやDTMサイズのR/Cコース「溝の口レースウェイ(MRW)」のご紹介

2017/06/30

明日はMRWレース開催日です & 前回レースのリザスト

明日はMRWレース開催日です。開催クラスはエキスパート / ECO6GTワイドです。明日より周回方向が反時計回りに変わります。さらに明日は店長がお腹を空かして出勤しますのでちょっとしたランチも振る舞う可能性ありです ^^

商品画像

開店は10時、レーススタート16時、閉店20時です

みなさんのご参加お待ちしています

 

延べエントリー26名! 6/17に開催したMRWレースのリザルトです

ECO6ナロー第二戦:リザルト
このクラス2戦連続TQの くり選手が前人未到の7秒台(07.997秒)のコースレコードをAメイン決勝でマーク、圧倒的なタイム差を見せつけるが2番手セキネ選手にわざと(?)抜かさせる横綱レースを展開、しかしそれをやりすぎてしまい最終コーナで仕掛けるも予選2番手のせきね選手がトップゴール。クリ選手は2番手でゴール。セキネ選手がポイント争いトップに立つ

RIMG1945

 

ECO6 HMナロー第二戦:リザルト

こちらは2戦連続TQのセキネ選手が2番手わかまつ選手に1周差をつけて完全優勝でポイントランキングトップに立つ。サイトウ選手が今回欠席のため わかまつ選手がポイントランキング2番手に上がりました

RIMG1946

 

サマーシリーズポイント・ランキング
コースレコード
個人記録

ミニッツやDTMサイズのR/Cコース「溝の口レースウェイ(MRW)」のご紹介

2017/06/23

今週末24/25日のMRW営業について

店長出張のため6/24、25日のMRWは下記時間で営業いたします

10:00 – 18:00

周回方向は今月いっぱい時計回りです

 

ニッツやDTMサイズのR/Cコース「溝の口レースウェイ(MRW)」のご紹介

2017/06/16

6/3におこなったMRWレースのリザルト

6/3に開催したMRWシリーズ戦のリザルトです

次のレースは明日6/17におこなわれます。開催クラスは ECO6ナロー / ECO6 HMナローです。皆さんのご参加お待ちしています。開店は10時、レースは16時スタートです

 

エキスパートクラス第二戦: リザルト
この日は久しぶりにこのクラスの元チャンプいちさんが参戦し8名によるレースとなりました。ブランクを感じさせない走りで予選はコースレコードをマークした いちさんが2番手に7秒以上の差をつけてTQ獲得。その勢いそのままに決勝も一度もポジションを落とすことなく完全優勝を決めました

RIMG1935

 

ECO6 GTワイド第二戦: リザルト
ナロークラスでは常勝の くりしま選手が初参戦したこちらのクラスは12名によるレースとなりました。予選、決勝ともにGTエキスパートドライバーを抑え込んだ くりしま選手がコースレコードをマークする走りで完全優勝を決めました

RIMG1936

 

サマーシリーズポイント・ランキング
コースレコード
個人記録

ミニッツやDTMサイズのR/Cコース「溝の口レースウェイ(MRW)」のご紹介

2017/06/11

サンデーレースリザルト

本日おこなったサンデーレースの動画です。延べ22名のご参加ありがとうございました

次回レースは次の土曜日17日(土)におこないます。開催クラスはECO6ナローとECO6 HMナローです

 

ECO6 HMナロークラス。リザルトはこちら(20170611-HMの部分)
予選TQは二番手に5秒以上の差をつけた小山選手が獲得。しかし決勝レースでは2周目にマシントラブルで大きく後退、優勝は3番手スタートのイトウ選手、2位にナガサワ選手、3位は堀切選手が入る

 

ECO GTワイドクラス。リザルトはこちら(20170611-GTの部分)
予選TQはこのクラスの提案者カマオ選手が2番手堀切選手に1.5秒の差をつけてTQ。決勝1回目はカマオ選手がトップゴール、決勝2回目はレース後半で伊藤選手がカマオ選手をかわしてトップゴール。総合優勝は決勝1回目のタイムでカマオ選手が優勝

次ページ »