1 / 47123...153045...last

2018/04/19

Team CRC Japan2018レポート(14)

ハヤト選手からレポートが届きました。今回は発売されたばかりのSMCモーターに関するレポートです


皆さんこんにちは、TeamCRCJapanのハヤトです。

今回は kimihiko-yano.netさんで発売されたSMC LowRiderMOTOR(3.5T)の設定(進角、指数等)についてご紹介させて頂きます

image

<特徴>

モーターカンの直径を34mmまで削減し、さらにモーターマウントネジ穴をオフセットしたことでこれまでより1mmモーターを下方に搭載できる。

*従来のモーター(左)より直径が小さく、低重心搭載可能なデザイン

image

センターのケース(センター)を無くすことで、MOTORを軽量化!

imageimage

 

<MOTOR 調整>

image

進角は +15で使用しています。(出荷時より マイナス側に調整します)

imageimageimage

<指数>

クレスト & MAPでは 指数34前後で使用しています。

(スパー AXON 92T、ピニオン AXON 24T)

<搭載位置> 一番低い位置で搭載

image

 

以上 簡単ではありますが SMC LowRiderのご紹介とさせて頂ます。

SMC MOTORを使用する方のご参考になれば幸いです。


 

過去のレポートへのリンク
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

2018/04/18

Team CRC Japan2018レポート(13)

チームの長老、ヤッキーさんより3月分のチームレポートが届きました


皆さんこんにちは、TeamCRCJapan総監督?のヤッキーです。少し日にちが経ってしまいましたが、ホビーショップDayzさんで開催された『夜ちゃれ』のセッティングシート(JMストック)です

DSC_0174

前回はアルミシャーシでしたが今回はカーボンシャーシ仕様で参戦しました。レースは予選2位、決勝ではやらかしてしまい4位と沈みましたがクルマは抜群に走りました。

流行り?のリジットアクスル仕様ですが前回のアルミシャーシセットと殆ど同じセットです

ck25j dayz(JMストック)

 

後日の練習で気候により少し路面が変化したので

下記の3点がこの時期の路面に合わせセット変更してます。

〇ダンパーオイル #35→#25

〇ボディ ローラフロッピー

〇タイヤ フロント/GXX35  リヤ/GXX35

またはコンビネーションタイヤが良いです。

とにかくクルマは良く走りますよ!

では、またです。


 

過去のレポートへのリンク
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

2018/04/17

Team CRC Japan2018レポート(12)

ハヤト選手からレポートが届きました。今回はMAPでおこなわれたEPS-J開幕戦のレポートです


皆さんこんにちは、TeamCRCJapanのハヤトです

IMG_3427

EPS-J 開幕戦 MAP(南足柄)ラウンドのレースレポートです。EPS-J開幕戦となったMAPは、CRCブラックカーペット+SXT3.0と、クレストさん&谷田部さんと比べるとグリップはかなり高めのサーキットです

今回のレポートでは、ハイグリップ路面でのタイヤ & セッティングについてご紹介させて頂きます。

<<タイヤ>>
今回のレースでは、SnowBird路面に近いことから、SnowBirdで良かった、AXX30、JACO Wブルー、CRCピンクを前日の練習でテストしました。

どのタイヤも、なかなかいい感じだったのですが、8分間安定してタイムのでた下記の組み合わせでレースに参戦することにしました。

・フロント (接着整形済み)

ホイール: CRC
タイヤ: CRCピンク
タイヤ径: 40.0㎜

・リヤ (接着整形済み)

ホイール: JACO
タイヤ: Wブルー(スポンジ系)
タイヤ径: 40.5mm

マシンのセッティンは、基本クレストさんと同じですが、デフのみロック or ロック気味で使用しました。シャーシは、アルミ&強化カーボンをテストしましたが、今回のグリップではカーボンシャーシの方がBest & 周回も良かったので、カーボンシャーシでレースに挑みました

 

<< 予選 >>
マシンの状態は抜群に良く、BestLapは良い感じだったのですが、燃費が厳しく最終Lapでバッテリーダウン!悔しい 2位となりました。*デフをロックにすると、燃費が通常のデフより若干落ちます(汗)

<< 決勝 >>
レース序盤 YOKOMOトト選手をかわしTOPに浮上、マシンの状態は予選同様、非常に良かったのであとは、燃費を考え2番手との間隔を確認しながら慎重に走行していたのですが、まさかのストレート出口でフェンスにひかっけてしまいコースOUT! 痛恨のミスです。

そのあとは、全力で追いかけますが、細かいミスが続き、さらには追いかけるときに電池を使い過ぎ最終Lapでまたまたバッテリーダウン! 結果 3位となってしまいました。

マシンの状態は、終始良かっただけに非常に悔しいレースとなってしまいましたが、非常に収穫のあるレースでした

 

IMG_3466

 

<< マシン >>
マシン: CK25J カーボン仕様

*フロント周りは、現在テスト中のプロトタイプを使用しているため画像は後日UPします。

image

image

 

*MOTORは、最近発売になった SMC 3.5T (ローター 12.5㎜)
トルクがあるのでが、高回転域までスムーズに加速してくれ、運転が楽&とても速いモーターだと思います。進角は、モーターのメモリーで 0位で使用 今回のレースは、ESCにHW製を使用しましたが、現在SMC製 1s(ブースター内蔵&170A)をチームメイトの山Pとテストしています。

こちらもクレストでかなりいい結果が出ています。

近日Kimihikoさんで販売を開始しますので、楽しみにしてください。

imageimage

 

*デフをロックで使用するときも、ピニオン&スパーは信頼のAXONさん!

image

以上 簡単ではありますがEPS-J開幕戦のレポートとさせて頂きます


過去のレポートへのリンク
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

2018/04/08

Team CRC Japan2018レポート(11)

3月分のチームレポートが山下選手より届きました


皆さんこんにちはteam CRC Japanの山Pです

今回は EPS-J開幕戦MAPラウンドのレポートです。今回は参加された皆さんと考えながら作ったコースだったのでテクニカルでとても楽しかったです

IMG_3382

回り込むようなコーナーが多くて曲がりながら失速感のない車にするように心掛けました。マシンは先月MAPに参加したデータもあったので前日からとてもよく走っていましたが、グリップ剤が馴染んでない時にマシンが不安定でそこを無くすのに少し苦労しました

ですが、当日からチーム監督のヤッキーさんが来られたので相談すると、少しマシンをいじって頂きそのまま走ると前半の不安定感が無くなり8分安定して走れるようになりました。変更した点はフロントのリバウンドを無しにしただけでした。

そして予選は1回目はバッテリーダウンしてしまい、2回目は少し置きに行ってなんとか3位ゴールするかとが出来ました。3回目は攻めていくと決めて行きましたがミスが目立ってしまいタイム更新は出来ませんでした。結果は3位スタートでした。

決勝は何とか前の2人に着いて行きたいと思いながら走っていましたが少しづつ離れていきました。結果は2位でしたが、内容的には3位だったのでもっと人間力を付けないとなと感じるレースになりました。最後に今回のセッティングシートをご紹介させて頂きます。良かったら参考にしてみて下さい!

 

30070505_567024456997528_251990309_o

 

CK25Jセッティングシート(EPS-J開幕戦@MAP)(PDF)

 


 

過去のレポートへのリンク
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

2018/03/23

アメリカの主要オンロード選手権でCRCは無敗

開幕した2017-2018レーシングシーズンの結果概要

CRCのCK25とWTF-1の躍進

29496832_1861543937209515_7948006258794037248_n29542575_1861541923876383_6707707690409263104_n29496494_1861542060543036_8339053582166786048_n29497595_1861544130542829_1320650654804344832_n29496707_1861544477209461_40945413586419712_n29543319_1861544697209439_7077751571437584384_n

ラスベガスのIIC、クリーブランドのインドアチャンプ選手権、フロリダのSnowbird選手権、ROAR選手権の4大オンロード選手権においてCRCのCK25とWTF-1は無敗の記録を更新しました

1/12 Stock(17.5T)クラスでは全ての大会でTQ&優勝を獲得しました。これは複数のCRCドライバーによって成し遂げられました

これだけではありません。CRC WTF-1はラスベガスでTQと2位に大差をつけて1位を獲得、クリーブランドでもTQと1位、3位を獲得、SnowbirdはTQと1,2位を獲得しました

特にクリーブランドのインドアチャンプ選手権では5つのパンカークラスのすべてで優勝し4つのTQを獲得しました

ROAR選手権ではCRCドライバーが出場した3つのパンカークラスすべてで優勝しました

CRCのオンロードレーシングシャーシ CK25、WTF-1は
**** 2017-2018シーズン無敗
**** 他社製品と比べて安価
**** 圧倒的な耐久性
**** パーツの入手が容易
**** アメリカ国内ではHorizon Hobbyがパーツを流通
**** レースドライバーがレーサーのために設計・製造

Join the champions at CRC!

2018/03/08

Team CRC Japan2018レポート(10)

Snowbirdに参戦したハヤト選手からレポートが届きました。今回は1/12 Modクラス編です


皆さんこんにちは、TeamCRCJapanのハヤトです。

今回はSnowBird National2018レースレポート No.2 1/12MOD編です

< マシン CK25J(アルミ仕様) >
*メカ類
サーボ:KO PROPO RSx3(アルミ)
ESC:HobbyWing(ノンブースト) + Lajeブースター
受信機:KO PROPO KR415 FHD
送信機:KO PROPO EX2-RR
MOTOR:TRINITY MONSTER 3.5Tローター 13.0mm
電池:TRINITY ホワイトカーボン

imageimage

 

アッパーブレースは、F1用(FC16用)を装着
ダンパーは KAWADA製 or アクソン製を使用しました。
(現時点の最新セットでは、アクソンダンパーがかなり良い感じです。今後クレストさんから販売予定)

image

 

*サイドリンクは、XRAY用を使用

image

*スパー & ピニオンは 信頼の”AXON”

image

 

*海外の選手は、デフをロック気味で使用していたので 私も一度試してみましたが

セッティングの時間が足りなかったため、今回は通常のデフでセットを詰めました。
デフロックセットは、今後ハイグリップな南足柄プロジェクト(MAP)でテストしていきたいと思います

 

<レース>

路面グリップがメチャクチャ良く、タイヤはリヤ(CRCマゼンタ 40.2㎜)、フロント(CRCマゼンタ 39.5㎜)と、日本ではありえないタイヤ径となりましたが、タイヤの減りも少なく、この径でも最後までグリップが切れることはありませんでした。

予選からマシンの調子はいい感じだったのですが、1周 8秒のコースを約60周! 集中力との戦いとなりました、何度かTOPタイムをマーク出来るタイムで走行できたのですが、細かいミスやマーシャルとの接触等もあり、なかなかタイム更新できず、予選最終結果は4位となりました。 ペース的には上位3名と同じペースで走れていたので、気持ちを切り替えて決勝に挑みます。

決勝は、前半上位陣についていきますが、ストレートエンドでフェンスに軽くヒット! 順位を7番手くらいまで落としてしまいます。 中盤からペースを上げてなんとか4位までいけましたが、ここでタイムアップ! 決勝も4位でレースを終えました。 かなり悔しい結果となりましたが収穫の多いレースとなりました。
この悔しさ&収穫したセットを、今後のBIGレースに繋げていきたいと思います。

最後に 今回のSnowBird参戦にあたり、お世話になったメーカー様、関係者の方がには

この場をおかりしてお礼申し上げます。
・kimihiko-yano.net様 (遠征費用、タイヤ、BODY 等々)
・CRC USA (マシン、タイヤ)
・TRINITY様 (Lipo、Battery、モーターメンテ)
・KO PROPO様 (メカ一式)
・AXON様 (スパー、ピニオン、ベヤリング、オイル系全般)
・KYOSHO様(オートモデル様)
・EarlyCusutom (BODYペイント)
・CrestspeedWay
・AXON遠藤さん (メカニック&的確なアドバイス)

 

以上 簡単ではありますがSnowBirdNational 12MOD編のレポートとさせて頂きます。


過去のレポートへのリンク
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

2018/03/05

Team CRC Japan2018レポート(9)

今年3本目のレポートが山下選手より届きました


皆さんこんにちはteam CRC Japanの山Pです。今回はサポートして頂いているAXON製品の中でぼくが使用している製品をご紹介させて頂きたいと思います

まずは、ダンパーオイル(CORE SHOCK OIL)です。CRC純正のダンパー(ENCORE SHOCK)を使用しているのでいつもは37.5を使用しています。35~45を持っているとどんな路面でも大体は対応する事が出来ると思います

[CA-SO-005] CORE SHOCK OIL 35wt
[CA-SO-006] CORE SHOCK OIL 37.5wt
[CA-SO-007] CORE SHOCK OIL 40wt
[CA-SO-008] CORE SHOCK OIL 42.5wt
[CA-SO-009] CORE SHOCK OIL 45wt

サイドチューブオイルにはCORE DIFF OILの10000を使用しています。この部分は路面によって結構変えるので状況を見て7500~15000を使い分けるような感じにしています。番手は2500刻みであるので細かい調整が出来てとてもオススメです!

[CA-DO-007] CORE DIFF OIL 7500cst
[CA-DO-006] CORE DIFF OIL 10000cst
[CA-DO-008] CORE DIFF OIL 12500cst
[CA-DO-009] CORE DIFF OIL 15000cst

次に、スパーとピニオンギヤです。AXONのスパーとピニオンは凄くかみ合わせがよくスムーズに加速してよく転がる印象です!クレストではスパー94T、ピニオン23Tでやっています!南足柄プロジェクト(MAP)のハイグリップ路面ではタイヤ径が小さくなり路面のゴミを拾ってしまうので90Tくらいを使うのがオススメです!

[GS-D6-088] AXONスパーギア DTS 64P 88T(1/12 、 F1用)
[GS-D6-090] AXONスパーギア DTS 64P 90T(1/12 、 F1用)
[GS-D6-092] AXONスパーギア DTS 64P 92T(1/12 、 F1用)
[GS-D6-093] AXONスパーギア DTS 64P 93T(1/12 、 F1用)
[GS-D6-094] AXONスパーギア DTS 64P 94T(1/12 、 F1用)
[GP-A6-023] AXON PINION GEAR 64P 23T
[GP-A6-024] AXON PINION GEAR 64P 24T
[GP-A6-025] AXON PINION GEAR 64P 25T
[GP-A6-026] AXON PINION GEAR 64P 26T

 

続いては、グリス系です。主に下記4つのグリスを使用しています。ジョイント&カップグリスは1/12でどこに使うの?と思う方もいらっしゃるかなと思いますが、ぼくはキングピンに塗っています。これを塗ることによってインリフトしたときのフロントの動きが落ち着く印象があります。ぼくは少しインリフト気味の車が好きなのでこれはこまめに塗っています。路面によってはショックグリスをキングピンに使用することもあります

28503701_549520182081289_1984817561_o28547610_549520202081287_1394210383_o
[CA-BG-002] CORE BALL DIFF GREASE MV (MIDIUM)
[CA-JG-001] コアジョイント&カップグリス
[CA-SG-001] コアショックグリス
[CA-SG-002] コアショックグリス MV (ミディアム)

次にベアリング類をご紹介します。ぼくのマシンには下記4種類のベアリングを使用しています。X10ベアリングは見た目が凄く高級感があり、フロントベアリングに使用すると接地感が上がりクルマが良く曲がるようになる印象です!是非試して頂きたいです!

[BI-PG-001] X10 BALL BEARING 5/16-1/8 Flanged 2pic
[BI-PG-003] X10 BALL BEARING 3/8-1/4 2pic
[BI-PG-005] X10 BALL BEARING 3/8-1/4 Flanged 2pic
[BI-PG-007] X10 BALL BEARING Inch R2 motor bearing 2pic

そして最後はベアリングオイルです。ミディアムの方をフロントに使用するとさらにフロントの接地感が増します!さらに長時間効果が持続しますのでとてもオススメです!
28504540_549520188747955_485704525_o
[CA-BO-001] コアベアリングオイル
[CA-BO-002] コアベアリングオイル MV (ミディアム)

AXON製品は全てkimihiko-yanoオンラインショップで販売していますので、是非お試し下さい!


過去のレポートへのリンク
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

2018/03/01

Team CRC Japan2018レポート(8)

昨日に続きチームの若手である山下選手からレポートが届きました


皆さんこんにちはteam CRC Japanの山Pです

今回は先日参加して来ましたMAP(南足柄プロジェクト)のレポートです。
MAPには初めて参加したのですが、CRCのプラックカーペットとCRCのフェンスで作られた特設コースでsnowbirdと同じような環境になっています

路面はカーペット本来のグリップがある感じで凄くナチュラルなハイグリップ路面になっています。来月18日にはEPS-Jもあるという事で色々テストして来ました。セッティングは色々試したのですが結局クレストでずっとやってきて1番よかったセットがMAPでもよかったです。なのでクレストからの変更はタイヤとボディだけでした

28461769_549087825457858_1483290069_o28500175_549088805457760_673000152_o28499745_549090645457576_4551354_o28547848_549090765457564_1564185409_o28555224_549090785457562_588466890_o

タイヤ 前後GXX35→F
AXX30  R A30
ボディ AMRプロライト→ローラ
という感じの変更でした。
こちらが今回のセッティングなので是非よかったら参考されて下さい

MAP(02/28/2019) 山下(PDF)

 


過去のレポートへのリンク
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

2018/02/28

Team CRC Japan2018レポート(7)

チームの最若手ドライバー山P選手からレポートが届きました


皆さんこんにちはteam CRC Japanの山Pです

28461810_549082545458386_1027460172_o

今回は先日行われたクレストのクレストカップレースのレポートです。
クレストではもうこれというセッティングが自分の中で決まっているので特にセッティングを変えたりすることなくレースに挑みました

結果は予選TQ決勝1位でした。クレストで初めて優勝出来たので嬉しかったです。
今回はハヤトさんたちが海外のレースで不在だったので次は先輩方の皆さんがいる時に勝てるように頑張りたいです

28460072_549082598791714_2065533729_o28500712_549082465458394_132644006_o

こちらが今回使用したマシンのセッティングになりますので、是非よかったら参考にされて下さい

クレストカップ(2018/2月) 山下 (PDF)

 


過去のレポートへのリンク
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

2018/02/27

Team CRC Japan2018レポート(6)

Snowbirdに参加したハヤト選手からレポートが届きました。まずはF1クラスのレポートから


皆さんこんにちは、TeamCRCJapanのハヤトです。

遅くなりましたが今回は5回目のチャレンジとなったSnowBirdNational2018のレースレポートです。参戦したクラスは12MOD、F1ナロー、ツーリングMODクラスの3クラスで、今回のレポートではF1クラスについてレポートさせて頂きます。 12MODクラスのレポートは 後日UPさせて頂きます。

< F1マシン (CRC FC16) >

*メカ類
サーボ:KO PROPO プロト
ESC:ブラックダイヤモンド(ノンブースト)
受信機:KO PROPO KR415 FHD
送信機:KO PROPO EX2-RR
MOTOR:TRINITY 24K 25.5T(F1スペック)
Battery:TRINITY LiPo Factory

image

 

*フロント周りは発売されたばかりの削り出しアッパーアームナローロアアームを使用しました。フロントがこれまでより6mmナロー化されています

image

 

*スパー & ピニオンは 信頼”AXON”

image

リヤウイングは、リヤのダウンフォースを抑えるため、通常に低い位置に装着!
デフは、ロック気味で使用しました。

 

<レース>
CRCブラックカーペットの路面グリップがメチャクチャ良く 日本でのセットから大きく変更しましたが、チームメイトとセットを共有しながら作業を進められたおかげで、練習、予選とマシンの状態は非常に調子良く 予選では4ラウンド中 3ラウンドでTOPゴールすることが出来きTQを獲得することができました。

2番手は同じくCRCのAndrew、3番手もCRC Jeffと TOP3がCRC FC16となりました。

決勝では、スタート直後 3番手以降の選手がゴチャゴチャとなり、Andrew選手とのTOP争いとなりました、レース序盤でジリジリとAndrew選手との差をひろげていきましたが、レース後半 にバックマーク車とまさかの接触!Andrew選手にTOPを奪われてしまいました。レース残り2周は全力でアタックし、最終LAPで逆転に成功、なんとか優勝することができました。

フロントをナロー化したWTF-1 FC16は ハイグリップ路面との相性が抜群に良く、気持ちよく走行することができました。レースで使用したマシンは ”クレスト”に展示していますので、是非手に取って覧頂けたら幸いです。

最後に 今回のSnowBird参戦にあたり、お世話になったメーカー様、関係者の方々にこの場をおかりしてお礼申し上げます。

・kimihiko-yano.net様 (遠征費用、タイヤ、BODY 等々)
・CRC USA (マシン、タイヤ)
・TRINITY様 (Lipo、Battery、モーターメンテ)
・KO PROPO様 (メカ一式)
・AXON様 (スパー、ピニオン、ベヤリング、オイル系全般)
・KYOSHO様(オートモデル様)
・EarlyCusutom (BODYペイント)
・CrestspeedWay
・AXON遠藤さん (メカニック&的確なアドバイス)
・TeamCRC USA

以上 簡単ではありますがSnowBirdNational F1編のレポートとさせて頂きます。


過去のレポートへのリンク
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

次ページ »