2005/03/23

Team CRC Japanレポート(5)

2005年ワークス待遇 三重県・「幹部」さんによるレポート(カーペットナイフV3.2R)
こんばんは幹部です。土・日・月と3連休を利用してカーペットナイフのセット出しをしてきました。場所はホームコースの三重TRSサーキットです。今回は花粉が凄くてマシンが走行後 黄色くなっている始末でグリップが普段よりかなり悪い状態で風がやんでグリップがあがり出すと小雨とテストできるパック数は限られてしまいました。
グリップ良い(1)~悪い(5)を5段階であらわすと4か5でそのときのセットはタイヤを選ぶ以外あまりしていません。前後タイヤのグリップバランスをとっただけです。一番悪いときの5でフロント ヨコモLラバーミディアムでリアがヨコモLラバーソフトかカワダLラバー(25度)少しましな4で フロント ジャコ ダブルピンク リア ジャコ ピンクが路面にマッチしたようです。
グリップの悪いときに多少ぶつけてしまいローロールセンターキット、サイドのボールエンドを壊してしまいました。 同梱部品のビスが短いので頭の部分が折れました。このビスを長めの物に交換した方が良いようです。
グリップが普通の3レベルに来た時のわずか2パックですがその時のセットは他のTバーカーよりワンランクリアを柔らかめのタイヤをチョイスした方が良いようです。タイムもほぼ今まで使っていたアソシと同じ位出ましたので今後はシャーシを3.2の薄い物に交換してテストしていきます。今回のグリップが良い時のセットはこんな感じです。
フロントタイヤ Jaco ダブルピンク 43mm
リアタイヤ   Jaco ピンク    44mm
グリップ剤 マイティ F半塗り  R全塗り
フロントスプリング 0.5mm
センター ゴールド オイル アソシ40
サイドスプリング ホワイト
車高 F3mm Side3mm R3.5mm

2005/03/20

Team CRC Japanレポート(4)

2005年ワークス待遇 神奈川県・「石川」さんによるレポート(カーペットナイフV3.2R)
こんばんわ石川です。
土曜日の夜、ラジコン天国厚木店にシェイクダウンに行って来ました。3時間しか時間がなく、バッテリー3パックで終了でした。今回が初めてのコースなのでどうなるかと思っていましたが、いざ走ってみると異常なほどの路面グリップ。もの凄く喰うんです。明日日曜日がフタバ産業主催レース(ツーリングカー)ということで、コントロールタイヤを使用してのレースということらしいのです。レース参加のために練習している方が沢山来ていました。12分の1を走らせている常連さんも来ていて、その方が言うには、コントロールタイヤが異常な路面グリップを作り出しているという事でした。とにかく私は、コーナーで転げまくる状態で、12の常連さんもかなり困っているようでした。
今回の最終セッティングは
フロントタイヤ ヨコモファーム41mm
リアタイヤ JACOピンク42mm
(前後グリップ剤ナシ)
フロントスプリング 5.5mm、
ピッチングスプリング カッパーの上のシルバー
ダンパーオイル ムゲン600
サイドスプリング グリーン
サイドダンパーオイル ヘヴィー
こんなところまで持っていきましたがピクピク状態のコケまくりです。まるでガムテープの上を走っているような状態です。舵角は、私の送信機がM8なんですが最大舵角125%のところ65%まで抑えても
だめです。最小回転半径1mくらいな状態でした。コースを歩けばベタベタで走行後のタイヤもベトベトでした。そんな感じでしたのでまともに走れませんでした。常連さんやお店の方が、普段はここまでグリップが上がらないということです。12の常連さんには「変なときに来てしまいましたね~」なんて言われました。常連さんいわく今日の路面は、タイヤ40mm以下でもだめだったみたいです。
という事で今回は、時間も足らなく沢山セット変更ができませんでした。まともに走れなかったし・・・
次回は、S-COREサーキットに近日中出かけてみる予定です。

2005/03/19

Team CRC Japanレポート(3)

2005年ワークス待遇 神奈川県・「石川」さんによるレポート(カーペットナイフV3.2R)
プロト品のキングピンとサーボ固定ブッシュをさっそく装着していただきました>
こんばんわ石川です。キングピンとサーボ固定ブッシュ早速装着してみました。
キングピン形状は、エッジの部分が少し丸く仕上げられていますね。少しでもホイールに干渉しないようにしてあるのでしょう。片方だけ装着してみて、今まで使用していたノーマルの磨きこんだものと比較してみました。サスを動かすとノーマルでは「シュッシュッ」といった音が出ていますが、このニューキングピンは、ほとんど音がしない感じですね。摩擦が少なそうです。
サーボ固定ブッシュは、私の141サーボの耳にぴったりとはまりました。しかしあまり強く締めすぎてしまうとゆがんでしまうので締め込みには注意が必要そうです。強く締めなくてもサーボのガタは皆無です。
シャーシのサーボ取り付け穴を8mm後方に移動してみました。
20050319-01.jpg
CRCのボディを装着してみましたが、まだ少しサーボホーンのかどの部分があたったてしまうようです。
そこでキンブローサーボホーンの角の部分を削りこんでいます。これで干渉しないで装着できました。
20050319-02.jpg
ローマウントピボットを使用した場合、リアシャーシがロールしたときにリンクとシャーシが干渉するのを
なるべく少なくさせるために削り込んでおきました。
20050319-03.jpg
フロントのタワーバーをカイダックで自作してみました。L4用のカーボン材では硬いと思われる時に、多少たわんでくれる材質ということで自作してみました。カイダック材は、2mm厚を使用。切り出す幅の調整で色々な硬さに変化させられます。
20050319-04.jpg
きみひこより:
ロールセンターの下げ方と下げた場合の注意点はフォーラムの「RC12L系フォーラム」–>「CRCカーペットナイフ」に掲載されています。

2004年1月7日の書き込み
2004年1月8日の書き込み
2004年2月29日の書き込み

が参考になると思います。随分前の記事なので最近ユーザになった方は是非ご一読を。

2005/03/17

Team CRC Japanレポート(2)

2005年ワークス待遇 神奈川県・「石川」さんによるレポート(カーペットナイフV3.2R)
 石川さんは昨年よりカーペットナイフを使用しています。ユーザならではのレポートに期待しましょう。
<今回は組み立ての時の質問に 私が回答するという形式になっています >
お世話になります。石川です。CK3.2R完成しました。今回で3回目の製作となりましたので順調に製作できました。一応製作の報告と疑問を乱文ですがレポートさせていただきます。
今回はCRCオプションパーツの削りだしフロントアッパーアームナックルWolfe Motorsportsのデルリン&メタルピボットボールを組み込みました。
シャーシは、今までの経験からとりあえず2.1mmで組みました。今のところ2.5mmシャーシは、テストはしていきますが、ハイグリップ路面で困惑してどうしようもない状態に陥らない限り出番がなさそうな気がします。Rになってから厚みを増やした理由はどの辺りにあるのでしょう。
<きみひこ の回答>
–> シャーシについては日本で主流のアスファルトを意識したものを準備中です。薄いシャーシを使いたい場合にはR3.2用シャーシ(2.1mm)をお使いください。こちらからキットと一緒にお送りしているはずです。

ロールセンターピボットは、ノーマルでは振り子のような動きになってしまうとので不自然な気がしてなりませんでした。今回同梱していただいたローマウントタイプは、私にとって願ったりかなったりのパーツです。リアーシャーシの動きが自然になりとてもいいと思います。今まで使っていたローマウントは自己改造でしたので、少しぎくしゃくした動きを取るのに苦労しましたが、さすがに純正OPではそのようなことはありませんね。とてもスムースです。
<きみひこ の回答>
–> 2004年01月08日にフォーラムで紹介した改造をCRCにレポートした際、製品化するといっていたのがやっと登場しました。僕の方法とは違うアプローチで製品になっています。近日発売予定

それと今回のキットで、フロントアクスルはチタン製が入っていました。最近のロットではこのようになったのでしょうか。
<きみひこ の回答>
–> はい。仕様変更です。キット価格は従来通りです。このような仕様変更は予告無くおこなわれることがあります。

もうひとつ気になっていたのですが、CRCのボディを載せようとするとサーボセイバーがボディと干渉してしまいますよね。もちろんノーマルのサーボステーを使っての話ですが。以前CRCのボディを装着した際は、ボディのサーボセイバーと干渉する部分を熱して変形させ使用しましたが、この辺りは皆さんどうされているのでしょう。やはりシャーシのあなを開け直してアソシなどのステーを使用しているのでしょうかね。
<きみひこ の回答>
–> これについては今年02月21日付けでCRCに改善を要求しています(こちらを参照)。マウント位置を約8mm後方にすることで写真のようになります(セーバーの前からタイロッドを取り出すかたち)これをキット標準位置となるように要請しています。V3.2R用シャーシの在庫はあちらに沢山あるようなので日本向けシャーシを作るときにこうなるようお願いしています。

20050317.jpg
CRCのサーボステーは、四角いナットが左右にスムースに動かないですよね。位置決めしてから締めこむような造りなのでしょうか。私はナットを少し小さく削りこんで使用しています。ガタが出てしまうのを考慮してシューグーでサーボステーとシャーシを接着しています。
<きみひこ の回答>
–> これはわざとタイトに作られているそうです。以前は4-40ロックナットで固定していたようなのですが軽いクラッシュでマウントが左右にずれるトラブルが多発したようです。そこで装着には苦労しますが現在のスクエアナットを導入することになった経緯があります。

また何かありましたらレポートします。
シェイクダウンは近日中にラジコン天国厚木に行ってみる予定です。

2005/03/14

Team CRC Japanレポート(1)

2005年ワークス待遇 三重県・「幹部」さんによるレポート(カーペットナイフV3.2R)
こんばんは今回CRCワークスに入れて頂いた幹部(ニックネーム)です。
とりあえず組み立ててシェイクダウンしてきました。 あいにく雪でレースは中断ばかりで最後は予選のみになりましたが、手応えありです。 組立に関してはほとんど きみひこさんが書いてあるので私のこだわりのポイントをいくつか紹介いたします。
まずわかりにくいですがフロントのアッパーピポッドボールの穴を良く見ると真ん中に開いていません(下写真参考)。 ですので数セット購入してマッチドして使用しています。 キャスターが起きる方と寝る方 丁度真ん中という感じに組み合わせることが出来ます。今回は真ん中になる組み合わせを選択しました。左右でキャスターが違い曲がり方が同じようにならない方はチェックしてみてください。当然ターンバックルはまっすぐ入っているのが条件です。
20050314-2.jpg
メカ類も今回新調しました。KOのPDS949ICSとVFS1です。KOのサーボを載せるのにかなり苦しみました。
CRCのユニバーサルサーボマウントを使用すると真ん中にきません。後ろ穴を使用して昔の京商インプレスのサーボマウントを使用すればまずまずの位置に来るのですがそうすると誰でも手に入るものではないので今回はアソシのサーボマウントを利用しサーボをひっくり返してシャーシに穴を開け装着しました。
20050314-1.jpg
今後アッカーマン等は変更しますがこんな感じにメカ載せも終了しました。後はほぼ3.2Rノーマル状態です。
20050314-3.jpg
3月13日 日曜
TRSシリーズ戦の開幕戦で無謀にもシェイクダウンしながらの参戦してきました。とりあえずまだボディ塗装や各部調整をしていないのでアソシで予選1~2回目を走りながら用意しまして昼休みに走行までこぎつけました。まず標準状態で数周走り、切れ角をあわしましたが、曲がりに不満を感じフロントスプリングを0.5mmに交換。これで曲がるようになりましたがリヤグリップがうすい感じがしたのでリアのロールセンターを下げました。このセット変更を1パックの間で全部試せたのでカーペットナイフで予選3回目に出ることにしました。フロントのグリップ剤の塗り幅が約半分と少なめにしたのが裏目に出て曲がらない感じでしたがその分早目のパワーオフが功を奏しモチモチで予選を終了 Aメイン6位でした。午前中のアソシと同じ周回数で3秒しか遅くないのでシェイクダウン2パック目にしては上々の出来です。決勝までにフロントホイールをジャコからTRCにしたりしてセットを進めていましたがなんといきなり大雪に見舞われ中止が決定しました。来週より土日休みがありますので本格的にセット出しをする予定です。
変更点は上記のみですが基本的なタイヤ等の情報も参考に書いておきます。
フロントタイヤ ジャコ ダブルピンク 43mm 
リアタイヤ カワダLラバーハード 44mm
電池 サンヨーRC3600 
モーター ツインズ10Tダブル 指数44.5
車高 フロント2.8mm シャーシサイド 3mm リア3mm
センターピッチング HRSダンパー オイル アソシ40 ゴールドスプリング  
ダンパー長 68mm 
サイドスプリング ホワイト
きみひこより:
詳しいレポートありがとうございました。自分も気がつかなかったこだわりの部分を拝見することができ、大変勉強になりました。アッパーアーム穴のズレはCRCオプションの「#4275 デルリン製削りだしアッパーアーム」を使えば改善できるかもしれませんね。機会を見て幹部さんにも試していただこうと思います。幹部さんがレースに投入したロールセンターを下げるパーツは近日中に発売する予定です。サーボ位置がセンターにならない点についてはアメリカのCRCにすでに改善レポートを上げているのでいずれ対処されることでしょう。自分でなんとかしたい方は下記写真を参考にしてみてください。
20050314-5.jpg
Team CRC Japanの検索結果

« 前ページ