1 / 4123...last

2017/12/29

Team CRC Japan2017レポート(32)

山P選手より11月のチームレポートが届きました


みなさんこんにちは Team CRC Japanの山Pです

今回は12月初めに行われたクレストカップのレポートです。年に一度のレースという事で豚汁などの料理や豪華景品がありすごく盛り上がりました!

25353344_1943719849226398_227163300_o25353287_1943719909226392_1067376494_o

前日から調子は良く朝の練習のフィーリングも良かったのでレースに気合が入りました。
予選1回目は自分の整備不良で完走出来ませんでしたが2回目はなんとかまとめることができ2位につけることが出来ました。予選3回目は2回目のタイムを更新できず結果2番からスタートすることになりました。決勝はそのまま2位ゴールとなりました。

25401033_1943720012559715_1106745160_o

クレストのレースで2位は初めてだったので嬉しかったのですが前のマシンに着いていけなかった悔しさもありました。原因は細かいミスの積み重ねだと思うのでもっと練習して無くせるように頑張りたいです!

19074785_514934942206480_704791748_o

そして今回の自分なりのポイントはタイヤだったかなと思います。
練習日、最初はGXX35を使用していたのですが8分のうち後半の3分くらいがすごくタイヤが厳しくなってしまうので1度AXX30を使用してみました。するとGXX35に比べると少しベストラップは落ちてしまうのですが8分のタイムでは1周近くAXX30の方が速かったので今回はAXX30を使用しました。

マシンはCRC CK25Jのアルミシャーシを使用しました。今回のレポートはこれで終わります。ありがとうございました。


過去のレポートへのリンク
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

2017/11/28

CK25Jデビューレース(AOC)

CRC最新キットCK25Jの発売に向けて最後の実戦テストとなったAOC(谷田部アリーナ)のリザルトです。

1/12 Modクラス。Team CRC Japanハヤト選手が予選ラウンド1にマークした38L 8:03.883 は大会全体のベストリザルトでした。決勝1ラウンド目をトップゴールしたが決勝2ラウンド目6番手ゴールとなり総合2位入賞。詳しい情報はチームレポートで報告してもらいます
この他AメインにはCRC Japan山下選手(CK25J)が7位、塩原選手(WC)が9位入賞を決めてくれました

23843114_1524350304330173_5690101780800199667_n

 

1/12 ストッククラス。CK25Jをドライブした篠宮選手が見事優勝。バッテリーもCRC Japanブランドを使用してくれました。EPS-J有力ドライバーとしても知られる選手がやってくれました

23843375_1524350660996804_3286983839686445390_n

 

篠宮選手がドライブしたCK25J
image1

 

CK25JはアメリカCRC社の協力を得てフルキットとして発売予定です。なんとか年内に間に合うよう準備しています。ご期待ください

 

表彰写真はAOCのフェースブックより引用させていただきました

2017/11/23

Team CRC Japan2017レポート(31)

山P選手より10月のチームレポートが届きました


皆さんこんにちはTeam CRC Japanの山Pです

今回は谷田部アリーナでおこなわれました2017年度の全日本選手権のレポートです。今回の大会はチームに入って2年目で去年よりもいい成績を残したいと思って挑んだのですが結果的には思うような結果を残すことは出来ませんでした

23715050_502926490073992_1820074020_o
大会前から谷田部アリーナさんで何度か走らせて頂いていたのですが、少し不調で練習から全然思うようなタイムを出せなくてなかなか苦しんでいました。そして全日本週間に入って自分は何としてでも不調から脱出したいと思って火曜日からヤッキーさんと谷田部アリーナさんで練習を開始しました。ヤッキーさんのお陰でマシンは思い通りの動きをしてくれて少し明るい気持ちで全日本に挑む事が出来ました

23698435_502926540073987_381405923_o23698485_502926596740648_1966257356_o
全日本が始まりコースレイアウトが変わると調子はだんだんと上がってきました。そしてコントロールプラクティスは3位で終えることが出来ました。予選1回目は4分当たりまでトップを走ることが出来てほんまに楽しくてしょうがなかったのですが、タイヤの管理のことを忘れていて後半はコースにとどまるので精一杯でした

23698678_502926686740639_420834314_o
結果的に予選は総合5位で終えることとなりました。そして決勝では自分で自分のチャンスを潰してしまい10位でレースを終えました。凄く悔しかったです。
また来年挑戦出来るように練習していきたいと思います

サポートして頂きました
kimihikoYano.net様
CRC様
KO PROPO様
AXON様
TRINITY様
Early Custom様
Crest Speed Way様
本当にありがとうございました。


過去のレポートへのリンク
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

2017/11/21

Team CRC Japan2017レポート(30)

山P選手より9月のチームレポートが届きました


皆さんこんにちはTeam CRC Japanの山Pです。
今回は少し前に愛知県豊川市にあるDaysさんでCK25Jのプロトタイプを走らせて来たのでそちらのレポートになります。発売間近のCK25Jとはシャーシの幅など細かい部分が異なっています

23715170_502926226740685_1986030304_o

Daysさんは初めて走らさせて頂いたのですが、コーナーのRが小さいのでいかに曲がる車を作ってコーナーをスムーズに繋ぐことができるかを意識して走行させました。普段クレストで走らしているセッティングで走ると曲がらなかったのでとにかく曲がる方向にしました。
大きく変えた点はダンパーをいつもより短くしてマシンがきびきびと動くようにしたのとダンパーの角度を付けたことでした

今回もチームメカニックのヤッキーさんにいろいろセッティングのことについて教えて頂けたので、またクレストのレースなのでそれが生かせたらいいなと思いました。
最後にこの時に走らせたマシンをご紹介させて頂きます(最初に言ったとおり、現在テスト中のCK25Jとは仕様が若干違います)

23757763_502926146740693_1161219767_o


過去のレポートへのリンク
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

2017/10/25

Team CRC Japan2017レポート(29)

コウスケ選手より8月分のレポートが届きました


Team CRC Japan のコウスケです!! 今回のレポートは遅れてしまいましたが、9/15~9/17日に谷田部アリーナさんで行われた全日本選手権です。全日本の時に使用した車やセッティングを紹介したいと思います

今回の全日本選手権ではプロトタイプのマシン(アルミ)を投入しました。前々からテストを積み上げてきたマシンです。 来月の11/24~11/26日にかけて谷田部アリーナさんで行われるAOCに向け少しでも参考になれば幸いです。 予選の時と決勝の時でセッティングの違いがありますので2パターン紹介します

2パターンで主に違いが有るのはセンターショックの位置です。(違いがあるところにはマークがついてます)決勝の方のセッティングの方が私的にはリアから曲がってくる感じで好みです。ですがテストの時から後半のグリップ剤のキレが気になっていました。その辺はセンターダンパーオイルやサイドスプリングでバランスを取りながら決勝は使用しました。予選から使用しているセッティングは8分間とても安定して走れ路面が変わった時にもバランスが崩れないで走れる感じです

決勝の時には10番グリットで攻めるしかなかったのでとにかく曲がって攻撃力のある車で臨みました。そのおかげもあって決勝3回目では3位まで順位をあげることができました。

パターン1(決勝)

1
<フロント>
Fスプリング:HyperDrive 0.50mm
キャンバー:右-1.8 左-1.8(HUDY)
キャスター:前1 後2
トー角:トーアウト 0.5
キャスターブロック:5度
アーム:ショート(ノーマル)
AXONコアジョイント&カップグリスをキングピンに使用

<リア>
サイドスプリング:アソシ グリーン(旧)
ピッチング:CRC ノーマル
スプリング:CRC レッド
オイル:AXON 35
サイドチューブ:AXON 10000
サイドリンク:XRAY

<センターダンパー位置>
標準

<メカ>
アンプ:TEAM POWERS Radon 1S
プロポ:KO EXⅡ
サーボ:KO RSx3 HC
受信機:KR‐415FHD
バッテリー:TRINITY
モータ:TRINITY MONSTER 3.5
スパー:AXON 94T ピニオン:26T
車高:フロント=3.3mm 中央=3.3mm リア=3.3mm

パターン2(予選)

2
<フロント>
Fスプリング:HyperDrive 0.50mm
キャンバー:右-1.8 左-1.8(HUDY)
キャスター:前1 後2
トー角:トーアウト 0.5
キャスターブロック:5度
アーム:ショート(ノーマル)
AXONコアジョイント&カップグリスをキングピンに使用

<リア>
サイドスプリング:XRAY GOLD
ピッチング:CRC(延長)
スプリング:CRC レッド
オイル:AXON 37.5
サイドチューブ:AXON 12500
サイドリンク:XRAY
車高:フロント=3.3mm 中央=3.3mm リア=3.3mm

<センターダンパー位置>
前から2つ目の穴使用

タイヤ径はどちらのセッティングのときもF-40.8 R-42.0です。あまり路面が良くなかったので普段より大きめでやりました

以上簡単ではありますがセッティング紹介とさせて頂きます。そして今回サポートして頂いた、
kimihikoYano.net様
CRC様
KO PROPO様
TRINITY様
AXON様
SQUARE様
Team Bomber様
Early Custom様
Crest Speed Way様
pbs様
family そしてTeam CRC japanの皆さん、応援してくれた方本当にありがとうございました!


過去のレポートへのリンク
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

2017/09/13

Team CRC Japan2017レポート(28)

全日本選手権直前のこのタイミングでチームのエース ハヤト選手からレポートが届きました。忙しいところありがとう


皆さんこんにちは、TeamCRCJapanのハヤトです。


(写真は昨年のもの)

全日本選手権まで1週間を切りました。
今回は、9月9日、10日でTeamCRCJapan合同練習を行ってきましので、その時のパワー設定についてレポートさせて頂きます。

皆さんご存知の通り、谷田部アリーナさんは、他のカーペットコースと比較すると、燃費が非常に厳しいサーキットです。今大会に向けて、下記の3つのMOTORをテストしました。
(谷田部アリーナさんでは、低速域でのトルクも欲しかったのでローターは 全て12.5㎜に変更しました)

① TRINITY MONSTER 3.5T

② TRINITY REVTECH 24K 3.5T

③ TRINITY D4 3.5T

パワー感(低速から高速域までのトルク)は、MONSTERが一番良いのですが、私のドライビングではかなり燃費が厳しいです。24Kも中速域からの加速はかなり良いのですが、こちらも燃費がギリギリでした。最後に昨年度の全日本で使用したD4を確認したところ、若干MOSTER&24Kと比べるとトルクが足りない感じはしますが加速のスムーズさが抜群によく、さらに燃費が20秒ほどUPしたので、今回はD4を使用することにしました。

合同練習でのモーター & ESCの最新セットはこちらです。

TRINITYモーター & RADON ESCで参戦する選手の皆様のご参考になれば幸いです。

<MOTORセット>
MOTOR: TRINITY D4 3.5T
ROTOR : 12.5mm
進角: +25 (MOTOLYSERで計測)

ピニオン: AXON 26T
スパー: AXON 92T or 93T

123

 

 

*モーターのベヤリングは、燃費を少しでも向上させるためAXON製のX10 R2に変更しています。

写真左が純正、右がAXONです。 皆さんも是非試してみてください。

4

 

<ESCセット>

ESC: Team Powers RADON PRO V2 1s

ESCセットは下記となります(設定項目の説明

G2: Low Volt Cut=Disable(1)
G3: ESC Overheat=125Deg(3)
G4: MOTOR Rotation=Normal(1)
G5: Race Mode=Modify(1)
G6: Dead Band=4%(1)
TH1: Punch Rate A=8
TH2: Punch Rate B=9
TH3: TH SW Point=50%
TH4: TH Slope=Linear(1)
TH5: Reverse Spd=25%(1)
B1: Initial Brake=10%
B2: Drag Brake=17%
B3: Brake Force=75%
B4: Brake Rate A=1
B5: Brake Rate B=1
B6: Switch Point=50%
B7: Brake Curve=Linear(1)
T1: Boost Timing=15deg
T2: BT Trig Lv1=5
T3: BT Trig Rate=2
T4: BT Burst Rate=Linear(1)
T5: Turbo Timing=15deg
T6: TB Activation=Full TH(1)
T7: Turbo Delay=0.05s(2)
T9: TB ON Rate=3
T10: TB OFF Rate=3

以上 簡単ではありますが現時点での最新セット情報の紹介とさせて頂きます。

最後に、今回のレースで使用するマシンです。

近日 発売となるCRC新型キットにCRCjapanオリジナルパーツを組み込んだマシンです。

56

 

次回 谷田部アリーナさんでの練習予定
・9月12日 山P
・9月13日 山P、ヤッキー、遠藤
・9月14日 ハヤト、コウスケ、山P、ヤッキー、遠藤、矢野、クレスト店長

 

 


過去のレポートへのリンク
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

2017/08/26

Team CRC Japan2017レポート(27)

Team CRC Japanの長老ヤッキーさんより今年2回目のレポートが届きました


皆さんこんにちはTeam CRC Japanのヤッキーです(写真は昨年のもの)

今回は個人的なレポートではなく、先のコウスケレポートに告知いたしました今週末(26,27日)の谷田部アリーナさんでのEPS-J及び全日本選手権に向けての合同練習&テスト内容などお知らせします

まず、メインがNew Carのテスト!これは1年以上前から開発&テストを続けていたプロトカーを改良した市販バージョンの最終テストになります
コンセプトである楽に速く走れるクルマを目指し、私達チームメンバーの要望が、かたちになった市販バージョンなのでテストするのも楽しみです

次はタイヤテストです。皆さん気になってるタイヤですが、事前テストの結果定番のGXX35、ラバー系のAXX30が良く路面コンディションに合わせどちらがベストなのかテストします。これらのタイヤは特別な物ではなく市販されている物なので皆さんも参考になると思います。

あとはパワーソースのテストなんですが、ESCは皆さんお馴染みのTeam Powers社のRadon Pro V2 1s、バッテリーはTRINITYホワイトカーボン、モーターはMonster HorsePowerをメンバー全員使用します。谷田部アリーナは燃費に厳しいサーキットなのでタイヤを含めトータル的なセットアップを探っていく予定です。

若手メンバーは土日、私は日曜だけになりますが、New Carに興味ある方は勿論、セッテングなどのご相談他何でもアドバイスしますので是非ピットに遊びに来て下さい

余談ですが、風の噂によると私が怖い(見た目)と思ってる方も居るそうですが、とっても優しいオジサンなんで遠慮なくお声がけ下さいね。

以上で今回のレポート終わりますが、発表がギリギリになった事をお詫びします。では、谷田部アリーナさんでお会いしましょう!


過去のレポートへのリンク
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

2017/08/24

Team CRC Japan2017レポート(26)

コウスケ選手より7月分のレポートが届きました


皆さんこんにちは!!Team CRC Japan のコウスケです!!

今回のレポートは9月に谷田部アリーナさんで行われる全日本選手権に向けてのレポートです。 今年使用予定のESCとモーターを紹介していと思います

ESCは昨年同様”Team Powers Radon Pro V2 1S “を使用する予定です

21081846_1196539360492324_1331871574_o

アンプのセットはまだ完璧な状態ではないですが、今現在私の谷田部アリーナさんでの設定は下記の通りです。 これからもっとテストをしていく予定です。各項目の説明はこちらをご覧ください

G2: Low Volt Cut=Disable(1)
G3: ESC Overheat=125Deg(3)
G4: MOTOR Rotation=Normal(1)
G5: Race Mode=Modify(1)
G6: Dead Band=4%(1)
TH1: Punch Rate A=8
TH2: Punch Rate B=9
TH3: TH SW Point=52%
TH4: TH Slope=Linear(1)
TH5: Reverse Spd=25%(1)
B1: Initial Brake=5%
B2: Drag Brake=8%
B3: Brake Force=75%
B4: Brake Rate A=1
B5: Brake Rate B=1
B6: Switch Point=50%
B7: Brake Curve=Linear(1)
T1: Boost Timing=15deg
T2: BT Trig Lv1=8
T3: BT Trig Rate=5
T4: BT Burst Rate=Linear(1)
T5: Turbo Timing=20deg
T6: TB Activation=Full TH(1)
T7: Turbo Delay=0.05s(2)
T8:TB Start PRM=20000rpm
T9: TB ON Rate=4
T10: TB OFF Rate=5

 

モーターは”TRINITY Monster HorsePower 3.5T”を使用する予定です。 Monster HorsePowerはTRINITYさんの最新ブラシレスモーターです

21057283_1196539393825654_771064368_o

「進角」+25(Motolyserで計測)

「ローター」普段(クレストさんなど)では12.0mmを使用していますが、谷田部アリーナさんの場合だとコースが大きいので12.5mmを使用しています

「ピニオン」AXON 26T

「スパー」AXON 94T

簡単な紹介ではありますが、設定など参考にしてみてください。 そして、今週末の26日、27日にTeam CRC Japanの合同練習を谷田部アリーナでおこないます、 チーム監督のヤッキーさんや、エースのハヤトさんなども居るので何か質問等あれば遠慮なくピットにお越しください♪


 

過去のレポートへのリンク
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

2017/08/04

Team CRC Japan2017レポート(25)

山P選手より8月のチームレポートが届きました


皆さんこんにちは!
team CRC japanの山Pです。
今回は谷田部アリーナへ全日本選手権の練習にいってきましたのでそちらのレポートです。谷田部アリーナへは去年のAOC以来だったのですが、久しぶりに行くととても大きくて凄くいい施設だなとあらためて感じました

コースの方は難しいポイントがいくつもありとても攻めがいのあるレイアウトになっていました。1日いろいろ自分なりにやってみて、最後にその日の中では一番いいセッティングが見つかったのでよかったら是非参考にしてください

20662805_461876140845694_655459982_o
しかしまだ納得のいくセッティングが出てないので、今度はチームの先輩方と行ってもっといいセッティングを見つけれるといいなと思っています

WS00047

全日本前にはEPS-Jもあるので頑張りたいと思います。


過去のレポートへのリンク
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

2017/07/11

Team CRC Japan2017レポート(24)

EPS-J のユーロ・モディファイクラス(6.5T)ポイントランキングトップの牧田選手よりチームレポートという形でセッティング情報をご提供いただきました。前回(5月)、前々回いただいたレポート(2月)と合わせて是非ご熟読ください

ノウハウを惜しみなく提供していただくことでこれまで以上にこのカテゴリーが盛り上がることを期待しています ^^

牧田さん、お忙しいところありがとうございました


第3戦 クレストスピードウェイ 20170625

EPS-J第3戦クレストスピードウェイに参加しました。今回は6.5Tユーロモディファイクラスと共に3.5Tワールドモディファイクラスのダブルエントリーです

モディファイクラスのダブルエントリーはこれまでのレースと今回のレースの合計3戦含めて私だけだと思います。

メカニックと操縦の負荷が2倍になり、忙しくなる事を想像しましたが、ホームコースである事と、事前準備を徹底する事で乗り切りました。実際には走行する楽しみが2倍になりチャレンジして良かったと思いました。

結果は6.5Tのユーロモディファイクラスが予選2位、決勝2位。3.5Tのワールドモディファイクラスは予選8位、決勝リタイアでした。

両クラス共に勝てませんでしたが、とても緊迫した気持ちの良いレースが出来ました。気持ち良くレースを終える事で満足感につながり、次のレースも頑張ろうと思えるモチベーションになりました。

◆パワーソース

6.5Tのユーロモディファイクラスは今回のレースに備え、パワーソースを中心にテストしました。まず始めにモーターはトリニティのMonsterです。ローターはいつも使用している13mmから12.5mmに変更しました。冬に合わせた仕様では発熱が大きく後半にラップダウンしてしまいましたが、ローターを変更する事で対応出来ました。

また、バッテリーはKimihiko-Yanoブランドの試作品を投入。内部抵抗が下がっており6.5Tにはピッタリだと思いました

19894113_1367307650050582_1769527239_n

優勝されたのは、ごく最近からユーロクラスを始めた篠宮選手。上手くてノウハウが豊富で人当たりが良く、素晴らしい方です。そんな篠宮選手から、私のレポートが参考になったと言ってくださり、このレポートを書いていて良かったと思いました。篠宮選手と優勝争いが出来た事で気持ち良くレースを終える事が出来ました。もしも次戦も参加されるので有れば、篠宮選手のノウハウを少しでも吸収したいと思います

優勝した篠宮選手(奥)と準優勝した私(手前)のツインショット。モーターは2人共にトリニティのMonster6.5Tです。篠宮選手も素晴らしいスピードを出していました

19873972_1367307636717250_2056304505_n

 

以下、私のセットアップ情報です

◆フロントセクション

スプリング:[TCJ-032] 1/12用フロントスプリング(チームグレード)0.50mm

キャスターブロック:5度

キャスターシム:フロント一枚、リヤ二枚

トッププレート:無し

ロールセンタープレート:無し

キングピン長さ:11.5mm

*ビスは全てステンレス

 

◆リヤセクション

サイドスプリング:[TCJ-041] プロ・サイドスプリング(0.45mm)

サイドチューブ:Axon 7500タップリと

ピッチング:Yokomo YRX/Blue/Axon25/3穴/89mm

ゼロリバウンドで組んでいます

トレッド:171.5mm

ビスは全てステンレス

 

◆その他

車高:前から3.3/3.5/3.5 mm

リバウンド:ゼロ

フロントタイヤ:GXX30/40.1mm/グルー無し/外張り

リヤタイヤ:GXX30/41.3mm

フロントホイル:TN-Racing YRX12用

リヤホイル:TN-Racing YRX12用

ボディ:AMR-1/前出し量はリップ7番目/リップウイング有

ボディペイント:阿久津ペイントワークス

 

◆パワーソース

スピコン: Radon Pro V2 1s

モーター:Trinity Monster6.5T モータ/進角30度/12.5mmローター/ローター位置フリー

スパー、ピニオン:85/39/指数59.5mm

最後まで読んで下さいありがとうございます。レースを楽しむ為に、次戦の谷田部アリーナに向けてテストを続けて行きます。

次戦も宜しくお願い致します


過去のレポートへのリンク
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

次ページ »