2017/02/18

Team CRC Japan2017レポート(4)

クレストスピードウェイでおこなわれたEPS-Jのユーロ・モディファイクラス(6.5T)で圧倒的な速さと安定感でTQ&優勝のパーフェクトウィンを決めた CRCドライバー牧田選手より当日のセッティング情報をボランティアでレポートしていただきました

平均タイムが他選手のベストタイム相当と次元の違う走りを見せた牧田選手のセッティングデータです

まだ始まったばかりのカテゴリーで情報が少ないなか貴重なデータを惜しげもなく公開してくださった牧田選手に感謝します


はじめまして、牧田です。レポートは初投稿となります。お見苦しいところがありますが、お許しください
2017年度EPS-Jの初戦、クレスト・ラウンドへ参戦しました。参加した6.5Tユーロモディファイクラスは今年から新設されたクラスで私には丁度良いスピードだと思います。スピードが抑えられた結果、経験やノウハウを上手く生かす事でタイムを縮める事が出来ると感じています
◆練習走行
朝一の走行で予選1回目、2回目の組み分けが決まります。気合いを入れて準備を進めていましたが、走行間際に充電忘れている事に気づきます。急いで充電しますが、満充電出来ず。
予備予選2番手でした。
◆予選
予選はセットアップが上手く決まり、3回ともトップタイムをマークすることが出来ました。特に3回目は6.5Tのコースレコードとなる47周をマークし、決勝に向けて非常に良いデータが取れました。
◆決勝
決勝はスタートも上手く決まり、一度もトップを譲る事なく優勝できました。車が非常に良く走るので余裕を持ってレースをすることが出来ました。
今回優勝出来たのは前週に参加した月例レースでも調子良かったので、EPSもチャンスが有ると思い、しっかりと準備出来た結果だと思います。
さて、マシンセットアップを紹介したいと思います。1番調子が良かった予選3回目のセットアップです。

WS002446
マシン:CRC-Xti WC Kimihiko Yano Conversion
✳︎ノーマルキットのパーツを以下のオプションパーツへ交換しています。CRC Japan製品を多用してますのでYano Conversion と呼んでいます

[TCJ-044] CRC Wti-WC用フロントエンドプレート(超硬カーボン)
[TCJ-045] CRC Wti-WC用リヤ・アッパーブレース(超硬カーボン)
[TCJ-046] CRC Wti-WC用リヤ・ロアブレース(超硬カーボン)
[TCJ-047] CRC Xti-WC用アルミシャーシ(2016全日本選手権優勝製品)
[TCJ-037] Xti互換強化モーターマウント(Xti/Ego/WC)
[TCJ-036] Xti互換強化バルクヘッド(Xti/Ego/WC)
[TCJ-035] Xti互換強化スライダーピース(Xti/Ego/WC)
[TCJ-027] Team CRC JAPAN Xti Altered Ego用強化ツイークプレート
[TCJ-026] Team CRC JAPANオリジナル クランプハブ(ブラック)
[TCJ-024] Team CRC Japan 1/12カーボンリアシャフト(ブラック)

◆フロントセクション
スプリング:[TCJ-032] 1/12用フロントスプリング(チームグレード)0.50mm
キャスターブロック:5度
キャスターシム:フロント一枚、リヤ二枚
トッププレート:無し
ロールセンタープレート:無し
キングピン長さ:11.8mm
✳︎ビスは全てステンレス
◆リヤセクション
サイドスプリング:[TCJ-041] プロ・サイドスプリング(0.45mm)モアソフト
サイドチューブ:CRC 10,000タップリと
ピッチング:Yokomo YRX/Blue/150/3穴/90mm
ゼロリバウンドで組んでいます
トレッド:171.5mm
✳︎ビスは全てステンレス
◆その他
車高:前から3.3/3.5/3.5 mm
リバウンド:0.2mm
フロントタイヤ:GXX30/40.5mm/グルー無し/外張り
リヤタイヤ:GXX30/41.5mm
フロントホイル:TN-Racing YRX12用
リヤホイル:TN-Racing YRX12用
ボディ:AMR-1/前出し量はリップ7番目/リップウイング有
ボディペイント:阿久津ペイントワークス
◆パワーソース
スピコン: Radon Pro V2 1s
モーター:24K 6.5T モータ/進角35度/13mmローター/ローター位置フリー
スパー、ピニオン:85/40/指数61.4mm
最後まで読んで下さりありがとうございました^o^
クレストには石岡隊長をはじめ、大ベテランの方から若者たちまでがすごく良い雰囲気でレースを楽しんでいます。これからも仲間と共にレースを楽しみたいと思います。宜しくお願いします(`_´)ゞ

 


過去のレポートへのリンク
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

2017/01/22

Team CRC Japan2017レポート(3)

自身初の海外レースSnowbird選手権を控えたチーム一番のヤングドライバー山下選手よりレポートが届きました


皆様こんにちはTeam CRC Japanの山Pです。2017年度もTeam CRC Japanメンバーとして活動させて頂けることになりました。チームに入れて頂いて早くも2年目となります、今年も皆様よろしくお願いします!

そして今年、初めてアメリカで開催されるsnowbird選手権に参加させて頂けることになりましたので、チームの先輩のハヤトさんやコウスケさんと同様snowbirdで使用するマシンの紹介をさせて頂きます。

12MOD
マシンは2016世界戦プロトマシンとXti-WC(アルミ)の2台を持っていく予定です。新型のLCGモーターマウントを使用。ボディはブラックアートのローラを主に行きたいと思います。まだまだ試したいことが沢山あるので大会までにマシンもドライバーも仕上げたいです!

16144917_365141373852505_396641683_o16196547_365141443852498_1807025752_o16196770_365141680519141_1999954137_o

F1ラバーにも参戦します!
マシンはもちろんCRC WTF-1 FC16です。ラバーのF1は先日初めてやったのですが思ってたよりも難しかったのでこちらも大会までに完璧にしたいです!

16129874_365141757185800_1098582968_o
初めての海外レースなので緊張していますが、連れて行って下さる矢野さんやサポートして下さるメーカーさんに感謝して楽しんで来たいと思います!
15歳の今の僕の力がどこまで通用するかわかりませんが、海外レースの第一歩として色々経験して来たいと思います。そして良い結果に繋がるよう頑張りたいと思ってます、皆様応援よろしくお願いします!!


過去のレポートへのリンク
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

2017/01/18

Team CRC Japan2017レポート(2)

自身2回目の出場となるSnowbird選手権出場を控えたコウスケ選手よりチームレポートが届きました


皆さんこんにちは、Team CRC Japanのコウスケです!!

今年度もTeam CRC Japanメンバーとして活動させて頂けることになりました。昨年度よりいい結果を残せるように頑張っていこうと思います!2017年も皆様宜しくお願い致します

今年もアメリカで開催されるSnowBirdNationalに参戦します。過去の結果と今年参加するクラスは下記の通りです!

<2016年>
・WGT-Rクラスマシン:GEN-X10 RT 予選:TQ 決勝:優勝
・F1ナロークラスマシン:CRC WTF1-FC16 予選:4位決勝:2位
・12MODクラスマシン:CRC Xti-WC 予選:9位決勝:6位

<2017年度参加クラス>
・12MODクラス昨年度はAメインに残ることが精一杯でTOP争いなどまったく出来なかったので今年こそはTOP争い出来るようにし、目標はもちろん優勝です☆ マシンの方は2016年世界戦プロトマシンとXti-WC(アルミ)の2台を持っていく予定です。どちらの車ももちろんモーターマウントは新型LCGを使用します
16122342_1029540147192247_942313801_o

・WGT-Rクラス昨年はTQ&WINすることができ、初代チャンピオンになれたので2連覇できるよう今年も頑張ります!マシンは昨年同様GEN-X10 RTを使用します

・F1クラス昨年は優勝の一歩手前まで行ったものの優勝出来なかったので、今年も目標は優勝です。マシンは昨年同様WTF1-FC16を使用します

パワーソース:TRINITY,Team Powers,ブラックダイヤモンド
メカ類:KO PROPO
オイル、スパー関係:AXON
BODY:ブラックアート製 ローラを使用します

少しでもいい宣伝が出来ればなと思います。 今月末にアメリカ(フロリダ)に出発します!皆さん日本からの応援宜しくお願いします。

 


過去のレポートへのリンク
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

2017/01/16

Team CRC Japan2017レポート(1)

2005年に日本でチーム活動を開始してTeam CRC Japanは創設13年目になります、そして固定メンバーでの活動をスタートしてから10年目の節目を迎えました。今年1本目のレポートはチームのエースドライバー ハヤト選手からのものです


皆さんこんにちは、TeamCRCJapanのハヤトです。

2017年度もTeamCRCjapanメンバーとして活動させて頂けることになりました。
皆様のご参考&お役に立てるレポートをUP出来るよう頑張りますので、2017年度も宜しくお願い致します。

一発目のレポートは、自身4回目のチャレンジとなるSnowBirdNational 過去の結果&今回参戦するクラスのマシンを紹介させて頂きます。

まず過去3回の結果はこんな感じでした。

<2014年>
・F1ナロークラス (2s、21.5T、ノンブースト)
マシン:CRC WTF1-FC16
予選:TQ
決勝:優勝

・12MODクラス
マシン:CRC Xti
予選:7位
決勝:リタイヤ

<2015年>
・F1ナロークラス (2s、21.5T、ノンブースト)
マシン:CRC WTF1-FC16
予選:2位
決勝:2位

・12MODクラス
マシン:CRC Xti
予選:4位
決勝:2位

<2016年>
・F1ナロークラス (2s、21.5T、ノンブースト)
マシン:CRC WTF1-FC16
予選:2位
決勝:3位

・12MODクラス
マシン:CRC Xti-WC
予選:2位
決勝:2位

・ツーリングMODクラス
予選:2位
決勝:2位

 

<2017年度の参戦クラス&マシン>
・12MODクラス (ルール変更により今回から1sLipo、ノンブースト、MOTOR無制限)

12MODクラスは、過去2年間 2位と非常に悔しい結果なので、今年こそは優勝をしたいです。2016世界戦プロトマシン&XCti-WC(アルミ)の2台体制でレースに参戦します。

SnowBirdの路面はCRCカーペット+グリップ剤無臭なら自由と、日本では体験できない程のハイグリップ路面なので 今回は、アルミシャーシ仕様をメイン(写真上)に使う予定です。

image

image

 

2台とも MOTORマウントは 新型のLCGを装着、ハブも新型の1/12ダブルクランプハブに変更しています。
パワーソースは、TRINITY & Team Powers & ブラックダイヤモンド
メカ類は信頼のKO PROPO製、オイル&スパー関連は精度の高いAXON製を使用します

BODY は、最近国内でも人気急上昇中のブラックアート製のローラ 一択でいきます。

今回から レギュレーションがノンブースト&MOTOR無制限となるので、パワーソースのセット出しに苦労しています。 少しでもスピードを出すため、MOTOR進角を通常+20から+38まで上げて使用しているのですが、燃費が厳しい! そこで、3.0Tにチェンジし、進角を抑えて(+24)テストしたところ、なかなかいい感じです。 出発まで時間が 少ないですが、もう少しパワーソースのセット詰めて行きたいです。

・ツーリングMODクラス

こちらのクラスも、昨年は予選&決勝ともに2位だったので、今年こそは!!

ただ、今回はXRAYのWエースが参戦するので、かなり厳しい戦いになると思いますが、諦めずに全力で頑張ります。参戦マシンですが、ことしからツーリングはKYOSHO様にお世話になることになりました。TF-7プロトマシンです。 シャーシはアルミシャーシ! カーペット路面のテストはかなりいい感じです。

image

こちらもパワーソースは TRINITY & TEAM POWERS!

メカ関連はKO PROPOで統一

 

・PRO10クラス (2s、13.5T、ノンブースト)

こちらのクラスは、ことしから新設されたクラスです。マシンは、CRCが開発中のプロトマシンとなります。
*マシンは今週末 手元に届くため、あまり時間がありませんが、結果を残せるようにがんばります。

今月末 SnowBird会場があるアメリカ/フロリダに向けて出発!

レース模様は、現地からKimihiko-yano.netさんが随時UP予定なので

楽しみしてください。

以上 簡単ではありますが 2017年度一発目のレポートとさせて頂きます。


過去のレポートへのリンク
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

« 前ページ