Home > 2月 5th, 2018

2018/02/05

空港着

予約したタクシーで空港へ あとは出発を待つだけ

ホテル出発

午前4時集合で空港へヨコモさんは一足先に出発

5回目のSnowbirdチャレンジ終了

2014年から数えて5回目の参加となったSnowbird2018も終わりました。今回も最高の環境で参加ドライバー皆が楽しんでいる様子を感じることができ、またその中の一員としてイベントに参加できたことを誇りに思えた1週間でした

このような素晴らしい環境でRCレーシングできることを自分たちだけでなく、日本の皆さんに知ってもらうため2015年にはEPS-Jというスタイルでアメリカ式レースを始め、優秀な成績を収めた選手とSnowbirdに参加する試みをしたり、より多くのドライバーにSnowbirdの環境を楽しんでもらうために2017年にはCRCカーペットを購入しMAPというプロジェクトを立ち上げたりと考えてみるとここ数年のkimihiko-yano.netの進むべき道を示してくれたのがSnowbirdでした

今回EPS-J招待枠でSnowbirdにチャレンジした有江、牧田選手は共に日本ではまだまだ馴染みのない1Sストッククラスの奥深さを発見し、RCレーシングの楽しさをあらためて認識されたようです。またこれまでにSnowbirdにチャレンジした篠宮、松島選手も日本で1Sストッククラスを極めようと活動しています。

EPS-JMAPでは技術と志のあるドライバーを応援します。いずれはEPS-J / MAPからアメリカチャンプを輩出することが矢野の夢です

これからもkimihiko-yano.net / EPS-J / MAPの応援よろしくお願いいたします

 

Snowbird2018で撮影した写真と動画は下記ページにアップしています。是非ご覧ください

 

1/12 13.5T Aメイン優勝はDonny Lia選手

1/12 Modクラスに続きこのクラスでもDonny Lia選手選手が圧倒的な速さで優勝。CRC/TRINITYのアンドリュー選手は一時トップに立つものの2位でゴール

1/12 Mod Aメイン決勝 優勝はDonny Lia選手

このクラスの優勝は圧倒的なラップタイムをマークしたDonny Lia選手が優勝。ハヤト選手は決勝で日本勢最速ラップをマークするものの展開に恵まれず4位でレースを終えた

優勝 Donny Lia(7.893秒)
2位 Keven Hebert(7.978秒)
3位 Toto Ebukuro(8.052秒)
4位 Hayato Ishioka(8.022秒)
5位 Yugo Nagashima(8.067秒)
6位 Toshinobu Yanagisawa(8.079秒)
7位 Andrew Knapp(8.166秒)
8位 Ray Darroch(7.967秒)
9位 Chris Hillier(8.393秒)
10位 Drew Ellis(8.010秒)

1/12 17.5T Aメイン決勝 優勝はCRC/TRINITY Andrew Knapp選手

TQスタートのAndrew Knapp選手がさすがの走りで一度もトップを譲ることなくトップゴールを決めた

ストック最高峰のレースは注目度も高い。日本勢もコース脇でレースを観戦

チームCRC/TRINITYのAndrew Knapp選手。マシンはCK25

F1 Aメイン決勝はハヤト選手が優勝

TQスタートのハヤト選手が二番手のチームメートAndrew選手を3秒近く離す展開。しかしバックマーカーをパスする際に接触、転倒、マーシャルが躊躇する間にAndrew選手にトップを譲る。そこから2台のデットヒートが続き最終周に果敢にインを攻めたハヤト選手、接触することなくトップに返り咲きそのままゴール。今日一番の歓声が上がりレース終了。このクラスハヤト選手は予選、決勝ともにトップでレースを終えた

 

1,2位にCRC/TRINITYチームの WTF-1 FC16が入賞

 

ハヤト選手とのバトルを楽しんだアンドリュー選手もこの笑顔