Home > 4月 15th, 2018

2018/04/15

4/7におこなったMRWシリーズ戦の結果

4/7におこないましたMRWシリーズ戦のリザルトです(反時計回り)

MRW 2018上半期シリーズ戦(ECO6ナロー第七戦): リザルト

ポイントリーダーの みのる選手が欠席となったこのレースは10名による戦いとなりました。予備予選ではクリシマ選手がコースレコードとなる08.939秒をマーク。しかしその後の予選ではまさかのメカトラブルで出走できず最下位に落ちる。予選はセキネ選手がレコードタイムを更新する走りでTQ獲得(20L 03:03.829)。メカトラブルを解決したクリシマ選手はBメインから勝ち上がりを狙うこととなりました。Bメイン決勝は圧倒的な差をつけてクリシマ選が優勝、2位のミウラ選手までが勝ち上がりました。そしてAメイン決勝はTQセキネ選手に5番手スタートのクリシマ選手がどこまで迫るかが注目されました。レーススタートから1人8秒台をマークし4周目で2番手まで浮上したクリシマ選手でしたがセキネ選手が0.4秒逃げ切り優勝を決めた。そして3番手にはハッタ選手が入りました

 

IMG_3472

 

MRW 2018サンデーレース(ECO6 GTワイド第四戦) : リザルト
6名の争いとなったこちらのクラスでもコースレコードが更新される白熱したレースとなりました。まず予備予選は2周連続ベストをうまくまとめたハッタ選手がトップタイム。予選は最終周までハッタ選手がTQペースを守るものの最終周でわずかにミス、0.061秒差でカマオ選手がレコードタイムでTQ獲得(20L 03:07.972)。電池交換禁止&2レース立て続けでおこなわれる決勝では1回目トップゴールのクリシマ選手が1周と6分間のコースレコードを更新(40L 06:05.263、08.936秒)、勢いそのままに2レース目もトップゴールし文句なしの総合優勝、2番手にハッタ選手、3番手にセキネ選手が入った

 

IMG_3473

 

 

2018上半期シリーズポイント・ランキング
コースレコード
個人記録

ミニッツやDTMサイズのR/Cコース「溝の口レースウェイ(MRW)」のご紹介