Home > 5月 4th, 2018

2018/05/04

4/28におこなったMRWシリーズ戦の結果

4/28におこないましたMRWシリーズ戦のリザルトです(反時計回り)

MRW 2018上半期シリーズ戦(ECO6ナロー第八戦): リザルト

残り4戦となったこのクラスには7名の選手が出場。ポイントランキングトップの みのる選手と2位のハッタ選手との戦いに注目が集まりました。予備予選では8.9/9.0秒とタイムをまとめた ハッタ選手がトップタイムをマーク、2番手で0.02秒差でサイトウ選手、3番手にみのる選手という展開。予選ではハッタ選手がコースレコードを更新するタイムでTQ。決勝では15周目に3.3秒のロスを喫したハッタ選手をかわしたサイトウ選手がそのままトップゴール、2番手ハッタ、3番手みのる選手でレースを終えた

八戦終了時のポイントランキング(トップ12)
WS00199

IMG_3645

 

MRW 2018上半期シリーズ戦(エキスパート第四戦): リザルト
こちらはランキングトップのクワハラ選手、2位みのる選手、そしてこのクラスシリーズ戦初出場のハッタ選手の争いが注目されたレースになりました。ハッタ選手はサンデーレースのエキスパートクラスでコースレコードを複数持ち、この日どれだけ記録を伸ばすのかにも注目されました

まず予備予選では自身が持つレコードタイムに迫る記録をマークしたハッタ選手がトップ。勢いそのままに予選では自身のレコードタイムを更新しTQ(21L 03:05.602)、2番手にはナガサワ選手、3番手 みのる選手、予選4番手に沈んだクワハラ選手は1周のレコードタイムを塗り替える走り(08.491秒)で爪痕を残した。注目の決勝ではハッタ、ナガサワそしてクワハラ選手が代わる代わるトップになる展開、レース後半にトップに立ったハッタ選手が最終周で痛恨のミス!その横を駆け抜けたナガサワ選手がトップゴール、2番手ハッタ、3番手クワハラ、4番手みのる選手となった

WS00200

IMG_3646

 

2018上半期シリーズポイント・ランキング
コースレコード
個人記録

ミニッツやDTMサイズのR/Cコース「溝の口レースウェイ(MRW)」のご紹介