Home > 2月, 2020

2020/02/29

ブラシレスモーター用プロツール各種入荷しました

プロ級モーターチューナー向けのツールが入荷しました

マグネットの磁力を簡易測定できるRMS-2、モーターの巻線抵抗を測定するMMS2

[RMS-2] ローター・メジャーメント・システム2
[MMS2] MMSミリオームメーターV2

モーターメーカーが出荷前の品質測定に用いる精密測定器(プリンター付属)。マグネット1本の600箇所データを分析し総合評価が表示されます

 

[RMS-ProBT] RMS-PRO BT(BLマグネット精密測定器)

RMS PRO BTのデモ動画

2020/02/28

NIFTECH製品が入荷しました

アメリカNIFTECH社の製品が再入荷しました。当店では2004年から取り扱っている信頼性の高い製品群です

【再入荷品】
アメリカでは40年近い販売実績を持つロングセラー製品
[Niftech1030] マイクロ・ベアリングオイル
[Niftech4505-BU] メタル軸受け用オイル
[Niftech4505-BE] ボールベアリング用オイル

 

 

R/Cカーはもちろん、スロットカー、ミニ四駆カテゴリーでも人気の製品
[Niftech4510] モーター用ハイパー・ドロップ

 

販売が終わったものを再販していただきました。入手できるのは当店だけ
[Niftech5004] ウルトラ・フラット・アクスルシム

 

Niftech社長Ray Knaus氏がR/Cモデル用に選んだドイツ製の逸品
[Niftech3005] 0.050 Hexドライバー
[Niftech3006] 1/16 Hexドライバー
[Niftech3008] 3/32 Hexドライバー
[Niftech3010] 8-32プラスドライバー

[Niftech2002-DLS] 2002-DLS デフルーブ(注射器タイプ)
[Niftech3301-440S] 4-40タップ

 

NIFTECH製品一覧

2020/02/27

今週末のMRW

今週末のMRWは両日ともフリーデーです。皆様のご来店お待ちしています

2/29(土)10:00-20:00 フリーデー 反時計回り最終日

3/01(日)10:00-20:00 フリーデー 時計回りに変更

 

ミニッツやDTMサイズのR/Cコース「溝の口レースウェイ(MRW)」のご紹介

2020/02/26

MAPでおこないますタミチャレ・レースのルール

南足柄プロジェクト(MAP)でおこないますタミチャレ@MAPの最新ルールをアップしました。タミチャレ@MAPを仕切るクリシマ選手によるものです

タミチャレ@MAP 2020ルール

ベースとなった2019ルール

3月のMAPでおこなうタミチャレよりこのルールでイベント進行します。エントリー受付は近日中に開始します

2020/02/25

GL Racing製品が入荷しました

GL Racing製品が入荷しました

【新規取扱品】
[GBL008-R8LMS] 【数量限定】MINI-Z用プラボディー R8 LMS(塗装済み):ホワイト&グレー

[GLR-0633-SET] Alu. hard coated 64 pitch pinion set(9,10,11T included)

 

アルミ製ケース、チタンギヤ、ボールベアリング支持の本格派サーボ
[GL-0820-TG] GL titanium gear servo for GLR/GLA/GLF-1 & GL-Rider

[GL-0820-GLR] Aluminum servo horn for GLR

 

その他多くの製品が再入荷しています

 

GL Racing製品一覧

2020/02/24

Team CRC Japan2020レポート(4)

ハヤト選手からイギリスでおこなわれた世界選手権のレポートが届きました。一部写真は一緒に参戦した篠宮さんから提供していただいたものです


TeamCRCJapan 石岡 勇人です。

今年1発目のレポートは、報告が遅れてしまいましたが、1月にイギリスで開催された世界選手権の模様をレポートさせて頂きます

会場はショッピングモール内の特設会場で、環境も良く非常に美しいコースでした。国内でも、このような場所でレースが開催出来ればRCがもっと普及すると感じました。

lu8460bhbnt_tmp_1cbda6bf6c6c7c0e

<レース結果>

・コントロール

マシンの状態は 遠藤さん&ヤッキーさんのお陰で、かなりいい感じに仕上がって、

コントロールを2位で終え、予選に挑むことが出来ました。

 

・予選

予選に入ってもマシンの状態は非常によく、予選1回目から全体TOPペースで走行するも、

レース終盤にバックマーク車と接触してしまい、4位ゴール!

そのあとも、何度かTOPペースで走行するラウンドがあったのですが、ESCシャットダウン等もあり、 波に乗ることが出来ず、悔しい予選6番手となりました。

それでも、参戦した世界戦では3大会連続のAメインに入れたので、決勝に向けて気持ちを入れ替えることにしました。

 

・決勝

決勝前の練習走行でも、マシンはかなりいい感じです。BestLapも十分TOP争いできるタイムがでているので 気合で決勝に挑みました。

しかし、決勝当日は、CRCピット全員が体調を崩してしまい、レースでは細かいミスも連発し、 最終結果は8位と、納得いく結果を残すことができませんした。

会場に入ってからは、遠藤さん、ヤッキーさんのお陰で、マシンは非常によくTOPを狙える状態にあっただけでに 非常に悔しい結果となってしまいました。

また、次回チャンスがあればチャレンジしたいと思います。

 

 

<マシンセット>

lu8460bhbnt_tmp_7166c9ad7be1770

世界戦でのセッティングについては、ヤッキーさんの世界戦レポートをご確認頂けたら幸いです。

以上、 簡単ではありますが世界戦参戦レポートとさせて頂きます。

最後に、世界戦参戦にあたりサポートしてくださった皆様にこの場をおかりしてお礼させて頂きます。

・Kimihiko-yano.net様 遠征費+食事等々 & マシン一式

・CRC様 世界戦会場でのサポート

・AXON様 スパー&ピニオン&ケミカル関連

・KO PROPO様 送受信機&サーボ

・RUSH様 世界戦用電池&世界戦に向けて専用サーキット等々 沢山

・HobbyWing様 ESC & 現地でのサポート

今回のレースでは 公認の関係からESC&MOTORはHWを使用しました。

・HobbyWing澤田様


過去のレポートへのリンク
2020年 2019年 2018年 2017年 2016年
2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年
2005年

2020/02/23

AXON製品が入荷しました

AXON製品が再入荷しました

 

【再入荷品】
[BI-LF-001] X9 BALL BEARING (5/16 x 1/8 x 9/64インチ) フランジ付き2ヶ入り

[BM-LF-011] X9 BALL BEARING 630 (6x3x2.5mm)2ヶ入り

[GP-A6-048] AXON PINION GEAR 64P 48T
[GP-A6-049] AXON PINION GEAR 64P 49T

 

AXON製品一覧

2020/02/22

2/9におこなったMRWサンデーレースのリザルト

月1回日曜日におこなうサンデーレースの結果です

2020 MRW上半期サンデーレース(ECO6ナロー第ニ戦):リザルト

こちらのクラスには6名のドライバーが参加。第1戦に続き今回もクワノ選手が予選TQを獲得。決勝ではトップ1,2がスタート直後に接触しモロハシ選手がトップに立つ。しかし落ち着きを取り戻したクワノ選手は28周目に再びトップへ返り咲き。レース後半はクワノ&ムラタの熾烈なトップ争い。しかし残り1周でこの2台が接触!その間を抜け出たモロハシ選手が強豪ひしめく中トップゴールの快挙を決めた

20200209_145136

 

2020 MRW上半期サンデーレース(ECO6 GTワイド第ニ戦):リザルト

もともとワイドクラスを得意とするクワノ選手が本領を発揮し、予備予選&予選&決勝すべてのセッションでトップを決めてパーフェクトウィンを決めました。今回は優勝を逃したクリシマ選手だったが自身が持つコースレコードはこの日破られることはなく、反時計回りすべてのレコードタイムを死守した

20200209_161709

 

2020上半期シリーズポイント・ランキング
コースレコード
個人記録

ミニッツやDTMサイズのR/Cコース「溝の口レースウェイ(MRW)」のご紹介

2020/02/21

三連休のMRW

週末3連休の営業について

皆様のご来店お待ちしています

2/22(土)10:00 – 20:00 (15時よりレース

2/23(日)10:00 – 20:00 1日フリー走行デー

2/24(月)10:00 – 20:00 1日フリー走行デー

 

ミニッツやDTMサイズのR/Cコース「溝の口レースウェイ(MRW)」のご紹介

2020/02/20

Team CRC Japan2020レポート(3)

昨日に続きプロストッククラスを制した大石選手のマシン情報です。ヤッキーさんがまとめてくれました


皆さんこんにちはTeam CRC Japan総監督?のヤッキーです。

今回は先日MAPで開催されたEPS-Jラウンド1でプロストッククラスで予選TQ、そして決勝でも圧倒的な速さで優勝した、CRCユーザーの大石選手のセットシートを公開します

1セル13.5Tのプロストッククラスは今年からコントロールタイヤになり、EPS-Jとしては初開催となりました。コントロールタイヤはBSR社製のラバー系タイヤとCRCフレックスホイルと同じデザインのブラックホイルとの組み合わせで、ホイルはCRCホイルより若干硬めとなります

このコントロールタイヤはCRCブラックカーペットとの相性や前後バランスも良くグリップ不足で悩む事もなく良いタイヤだと思います

1台分2000円でMAPにて販売されており、通常だとこの1セットで練習からレースまで使えるそうです。なので、タイヤ接着の手間も省け、タイヤの銘柄で悩むことなくレースを楽しむ事が出来ますので手軽に始めたいなとお考えの方にはお薦めです

さて、優勝した大石選手のクルマをセットシートと共に解説していきます

345434523450

EPS-J Rd1 ProStock優勝 大石選手(PDF)

まず、大石選手はレース当日入りで、朝タイヤを1台分だけ購入しての参戦でした。

タイヤ径は大石選手の好みで前後差をかなりつけてます。なので、フロントタイヤはスタート径が小さく1セットでは足りなくなり、もう1セットを予選3ラウンド目だけ知人に借りて走ったそうです。フロントタイヤのスタート径をもう少し大きくすればタイヤ1セットで大丈夫だろうと話してました

路面コンディションにもよりますが、タイヤの減りは8分間走行でフロント、リヤー共0.1mm強とのことでした

344934383439

クルマは基本CK25HTですが、リヤセンターボールシート&ピボットボールを[SM-116] デルリン製ワンピース・ボールシート[CRC3272] のプレートを使いロールセンターをノーマルより0.5㎜下げてます。それに合わせサイドリングボールも0.5㎜削り低くしてます。これにより、リヤグリップアップとコーナーリング中の挙動が掴みやすくなりラップも安定するとのことです

あと、フロントロールセンターアジャスター(キャスターブロック下のカーボンスペーサー)が1mmとなってますがこれは自作したとのことです

その他はキットを入念に組立て路面に合わせ微調整のみだそうです

決勝後に大石選手に聞いたところ、フロントタイヤが小さ過ぎアンダーでペースが上げれなかったとのことで、もう少し大きめのタイヤ径で走れるよう、クルマのセットやタイヤの前後差を見直す必要があるとのことでしたが、写真を見て頂くとESCは一昔?前のブラックダイヤモンドですし、モーターも最新の物ではありませんが優れたセッティング能力とドライビングより素晴らしい結果が得られたと思います

最後に貴重な情報を提供してくれた大石選手に感謝します。また、素晴らしい環境を提供してくれ、レース運営まで頑張られてる矢野さんにも感謝です。それと、レース参戦しながらも運営のお手伝いして頂けた藤原さん。ありがとうございました。

レース参戦した皆様お疲れ様でした。

以上で今回のレポートは終わりです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

では、またです。


過去のレポートへのリンク
2020年 2019年 2018年 2017年 2016年
2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年
2005年

次ページ »