Team CRC Japan2016レポート(25)




8月20日中国で開催される1/12世界選手権への出場を控えた鈴木滉祐選手より全日本選手権のレポートが届きました


Team CRC Japan のコウスケです!!


 
6月24日~26日に谷田部アリーナさんで開催された全日本選手権のレポートです。
team CRC japanに加入してから2回目の全日本選手権でした!
水曜からコースINし、水曜と木曜の2時まで練習をおこないました。水曜の1パック目から車の調子は良く、大きな変更はせずに若干の変更で車を仕上げてました!


 
<初日>
練習、コントロールプラクティス、予選三回というスケジュールでした。
練習ではとにかく壊さないように、コース慣れするような感じでスタート!
コントロールプラクティスでは立て続け3ラップのベストが計測され、5番手で最終ヒート入りしました。
練習、コントロールプラクティスと車のバランスも悪くなかったので、車は特に何も変えず予選に臨みました。予選では、1回目、2回目、3回目とも2位ゴールできそうなペースで走るものの単独ミスで順位を落とすような展開で予選1,2回目共に3位でした。。。予選3回目では2位走行中にTOP走行中のチームメート ハヤト選手に追いつこうと攻めすぎて単独ミスし、リタイヤとなってしいました。1日目のスケジュールが終了し、それからは2日目に向け予選3回目で壊した車をteam監督のヤッキーさんに直してもらいそれを手伝いながら2日目の予選に向け準備しました
 
<2日目>
2日目1発目はMODの練習走行がありました!そこで、昨日予選3回目で壊してしまったマシンの調子をチェックしました。そこからはスポーツクラスの予選なども始まりMODは午後からという感じでした。予選4回目では、あまりペースが上がらず6位ゴール。予選5回目に向けてヤッキーさんがマシンを完バラし、すべて確認して臨みました!5回目は4位!車の調子もよくなり決勝に向け万全の体制で臨めました!
 
予選総合結果は3位!!


 
<3日目>
朝にAメイン出場ドライバーだけ練習ヒートがありました!!
決勝1回目、スタートしてすぐに混戦となり最下位まで落ちる展開でした。そこから抜いたり抜かれたりで5位ゴール。
決勝2回目は、キレイにスタートしました。前半、後から来た車とストレートでサイドバイサイドになり自分の車が浮いて壁に激突し、リタイヤ!!とても悔しかったです。落ち着いて1回引くことも大切だと思いました。
決勝3回目はスタートから中盤まで、かなり接近するも誰もぶつけることなくレースが進んでいきました。1回TOPに立つも、すぐに2番に後退し、その後単独ミスで順位を落とし、とてももったいないレースでした。
総合では8位となりました・・・

 


 
今回の大会は何度もいいチャンスが来るもすべて自分で消してしまう事が多く、とても悔しい気持ちでいっぱいです。今回の課題を生かし、8月に開催される世界選手権の時には同じ事をしないように、練習し頑張りたいと思っています!!!
 
今回サポートして頂いた、
kimihikoYano.net様
CRC様
KO PROPO様
TRINITY様
AXON様
SQUARE様
Early Custom様
Crest Speed Way様
そしてTeam CRC japanの皆さん、応援してくれた方 本当にありがとうございました!
8月には北京で開催される世界選手権にも参加する予定なので、これからも応援宜しくお願いします!
 
 
 
 
マシン: CRC Xti-WCハードシャーシ
BODY:プロトフォーム AMR #1
タイヤ:フロント=PM 3 GXX35 40.3mm :リア=PM 3 GXX35 41.3mm
グリップ剤:F=TC2+:1/3 30秒 R=TC2+:120分真空
 
<フロント>
Fスプリング:チームグレード0.5
キャンバー:右-1.3左-1.3(HUDY)
キャスター:前1 後2
トー角:トーアウト 0.5
キャスターブロック:5度
アーム:ショート(ノーマル)
AXONコアジョイント&カップグリスをキングピンに使用。
 
<リア>
サイドスプリング:アソシ グリーン
ピッチング:CRC ENCOREショック
スプリング:CRC グリーン
オイル:AXON 1500
サイドチューブ:Shur Lubeグリーングリス
サイドリンク:ノーマル
 
車高:オール3.2
 
<メカ>
アンプ:Team Powers Rodon PRO V2 1S 
プロポ=KO EX2
サーボ:KO RSX12
受信機:KO
バッテリー:TRINITY CERTIFIED5
モータ:TRINITY 24K 3.5T(アジアンスペック)
スパー:AXON 92T ピニオン:yokomo26T


過去のレポートへのリンク
2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年




この記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です