« | »

2017/12/31

EPS-J 2017年シリーズ結果

全6戦にわたっておこなってきましたEPS-J 3年目のシリーズ戦が終了しました。来年1月末にアメリカフロリダ州でおこなわれますSnowbird選手権への招待枠を獲得したのは牧田選手(6.5Tユーロ)、有江 選手(17.5T ストック)そして清水選手(WGT)の3選手でした。おめでとうございます!

残念ながら清水選手はお仕事の関係でSnowbirdへの参加が叶わず牧田、有江選手の2名がフロリダで戦うことになりました

4年目となる来年は南足柄(MAP)での特設サーキットでの開催を考えています。日程やルールなどが決まりましたら順次お知らせいたします

EPS-Jスタッフ一同
石岡 征之
遠藤 一樹
矢野 皇彦

2017年シリーズ各クラスの優勝者(ベスト2戦+最終戦獲得ポイント)

1/12 Modクラス
江袋選手が圧倒的なポイントで昨年に続き優勝(66pt)、2番手に石岡選手(49pt)、3番手に柳澤利亘選手(47pt)

1/12 ユーロモディファイクラス6.5T
有効3戦ですべてTQ&優勝の文句無し、牧田選手が総合優勝(66pt)、2番手に狩野選手(39pt)。3番手に松島選手(35pt)

1/12 プロ・ストッククラス13.5T
昨年のSnowbird枠を勝ち取った松島選手が総合優勝(61pt)、2番手に菊池選手(43pt)、3番手に有江選手(37pt)が入った

1/12 ストッククラス17.5T
最終戦で2位ゴールだった有江選手が他2戦のTQ&winが効いて総合優勝(63pt)、2位に最終戦優勝した末吉選手(52pt)、3位に青木選手が入った(32pt)

WGTクラス
このクラスは敵なしの清水選手が総合優勝(66pt)、2位にチームメートの菊池選手(41pt)、3位に山下選手(37pt)が入った

F1クラス
全戦TQ&winの江袋選手が完全優勝(66pt)、2位に高瀬選手(47pt)、3位に鈴木滉祐選手(写真は代理の山下選手)

トラックバックURL

コメント & トラックバック

Comments are closed.

コメントはありません