« | »

2019/04/04

ブラックホークV2のLi-Fe Voltage Keep機能について

当店で販売しているブラックホークV2の最新ファームウェア(V2.60以降)で導入されたLi-Fe Voltage Keep機能について写真で説明します

購入前のイメージとしてご覧ください

1)Voltage Keep機能について
Li-Feバッテリー専用の機能です。Li-Feは2セルの場合7.4Vで充電が終了します。充電が終わると徐々に電圧が低下していきます。当店の実験では15分で電圧が0.4V(7.1V)低下しました。Voltage Keep機能は充電終了後の電圧(7.4V)を保持するものです。これでレース出走直前まで高電圧をキープし最高のパワーを得ることができます

電圧をそのまま「キープ」するのがVoltage Keep機能です

WS00440

 

2)設定方法
2-1)ブラックホークV2を起動し、Li-FeメニューのCHARGEメニューを開きます

IMG_5646_R

2-2)画面右上のボタンを押してスクロールさせます

2-3)Voltage Keepを初期値のOFFからONに変更します

IMG_5645_R

2-4) Li-Feバッテリーの充電をおこないます。充電が終了すると画面上に「KEEP」と表示されます。写真の例では7.40Vを保持しようとします。

*安全のため最大でも1時間程度でバッテリーを取り外すようにしてください

IMG_5659_R

 

保持する電圧はLi-Fe充電メニューの「End Volt」で調整することができます。通常これを変更する必要はありませんがレース会場によって仕上がり電圧が変わってしまう(充電器の表示は7.40Vなのに車検テスターでは7.42Vだったなど)場合にはこれを変更します。7.38Vにセットすれば充電は7.38Vを上限としておこなわれ、その電圧がVoltage Keepで保持されます

IMG_5647_R

 

 

ブラックホークV2最新ファームウェアについてはこちらをご覧ください

トラックバックURL

コメント & トラックバック

Comments are closed.

コメントはありません