2021年を振り返って




2021年は昨年以上に新型コロナウィルスの影響を大きく受けた1年でした。イベント開催の方針変更に伴う新しいチャレンジは自分にとって困難でとても苦しかったです。しかし周りで支えてくれた皆さんのおかげで実力以上の結果を残せたと思っています。本当に感謝

これからも自分がやりたいことの先に皆さんの満足があると信じて頑張っていきます。そのための勉強と準備をしっかりして来年に備えます。これからも変わらぬ応援よろしくお願いいたします

title2

site-logo2

ここからは今年1年の実績を自分のためにまとめた記事です

1)MAPの開催場所変更(6、7、12月)
これまで使用していた南足柄の体育館が使えないことになり最寄り駅「大雄山駅」の駅ビルスペースで新生MAPをスタート。しかしそのスペースも使えないこととなり12月はぶっつけ本番で小田原のショッピングセンターでトゥエルブ・チャンプ大会とタミチャレを開催しました。来年は安定してイベント継続できる場所を見つけてそこでさらなる楽しさを追求していきたい。「MAPの歴史

2)1/12プロストックユーザーの増加
EPS-Jでは2018年から開催してきた1/12プロストッククラスの参加者が増えてきました。ここ数回の大会ではJMRCAストッククラスと同じくらいのドライバーが参加してくれるようになりました。程よいスピードで1/12の世界を楽しめるこのクラスを来年も盛り上げていきます。「EPS-J

3)計測ソフトZROUNDの進化
当店MRWコースやEPS-Jで使用している計測ソフトZROUNDは今年も大きく進化しました。10年前の2011年より開発元と改善点やバグの修正を加えて最新バージョンでは日本語化、個人記録の簡易表示にも対応しました。「計測マスターへの道

4)溝の口レースウェイ MRW
当店コースMRWでは会員数が410名を超えました。今年はMINI-Zに加えてGL RACINGのGLR/GT-GTシャーシを楽しむお客様も増えました。特にライブ中継画面で各ドライバーの自己ベストを配信するようになってからは普段会えないドライバー同士でのタイムバトルが勃発するといった新しい流れも見えました。ミニッツレースでは今年から始めたヤング(?)ドライバーが大きく成長するなど常連さんも安心できない緊張感もあったと思います。MRW常連さんはMAPでも主要な役目を果たしてくれる大事な存在です。そして計測ソフトの実験や映像配信のテストなど店長の技術鍛錬の場所でもあります「溝の口レースウェイMRW

5)MRWカーペット
当店コースMRWで開業の2010年から使っているブラックカーペットは今年、大雄山&小田原でおこなったイベントで使用されました。さらに今月リニューアルしたつくばRCパークのオンロードコースにも採用していただきました。つくばRCパーツでは前身の谷田部アリーナ時代からCRCグレー、CRCブラック、MRWブラックと3代に渡り当店経由のカーペットを使っていただいています。2010年当時は珍しかった黒色R/Cカーペットはものは違うがCRCも採用するなど業界標準色になってきました

6)店長の体調
2020年夏ごろに発症した五十肩をきっかけにジム通いをはじめ10kgのダイエットに成功。明らかに疲れにくくなりました。意外だったのは心拍数が昨年よりも低くなったことです(酒量を減らしたのでそのせいかもしれません)

2020年の安静時平均とストレス時平均:65bpm / 130bpm
2021年の安静時平均とストレス時平均:60bpm / 125bpm

SmartSelect_20211231-093152_Connect

SmartSelect_20211231-093224_Connect

ストレッチを繰り返すことで五十肩も完治しました(お風呂でのストレッチが大変効果ありました)。ただ老眼進行が激しくて老眼鏡が手放せなくなってしまいました。来年は視力改善と体重維持が目標

7)オンラインショップ
当店主催イベントやMRWコースのエンジンとなっているオンラインショップは開業から19年目を迎えました。今年も新しいカテゴリーに挑戦したり、他には無い製品の取り扱いを続けてきました。来年も自分がワクワクするような製品を取り扱っていきます。20年目のチャレンジにもご期待ください 「オンラインショプ




この記事をシェア