Team CRC Japan2011レポート(5)




Team CRC Japanドライバー とくぞ~さんから今年1回目のレポートが届きました。11月にCRCカップが開催されるシルバーストーンでおこなわれたナイトレースの模様です
---------------------------
CRCJapanのトクゾーです。
3月11日に行われたシルバーストーンナイトレースに参加してきましたのでレポートします。
参加者はヨコモ村井選手、カワダ井上選手、CRCヤッキーさん&関西遠征組み&常連さんに加えクレストよりCRCハヤト選手も緊急参戦。オープン22名・ストッククラス3名となりました。
<練習走行>
いつも通り15時過ぎまでナチュラルグリップ、タイヤの慣らしやマシンのバランス確認を行います。緊急参戦となったハヤト選手も時間を追う毎にラップを上げレース開始前には上位選手と同等になります。
<予選1回目>
今年に入ってから予選の組分けは練習走行時のベストラップとなっており自分は最終組の一つ前でヤッキーさん、まちゃきさんと同じ。
路面がそこそこ上がっていましたが、転倒する気配も無くまずまずの走行で予選2番手、トップは唯一の50周をマークした村井選手。
<予選1回目リザルト>

<予選2回目>
感じの良かった1回目のまま走行しましたが全く曲がらず淡々と走るのみとなりタイムアップ無し、暫定4番手に後退。トップはさらにタイムを伸ばしコースレコードをマークした村井選手。この予選から路面グリップが大分上がり転倒する選手やクラッシュが多く見られました。
<予選2回目リザルト>


<決勝>
今ひとつアンダーが消えない為、キャスターを増やしサイドスプリングをアソシシルバー→ブルー(初期品)に変更しました。
スタートし2~3周は様子を見ながらの走行でしたがかなりいけてる動きで段々とペースを上げ前方を行く村井選手を追います。最速ラップも出ている様子で少しずつ差が詰まってきているように思えてきた中盤、パイロンに引っ掛けてしまいフェンスに激突しリタイヤ・・・がっかりな結果に。結局決勝でもトップを快走した村井選手が優勝となりました。
尚、決勝の動画がKAWADA(BLOG)にて紹介されています。



<最終結果>

<<最終セット>>
シャーシ:ジェネレーションXLXJリアポッド用モータープレート(ノーマルWB) を使用)
ボディ:HD
タイヤ:フロント=試作パープル 41.7mm(HR38
    :リア=試作ライラック 42.3mm(HR38
グリップ剤:F=マイティ 1/2 反応時間:8分 
:R=マイティ 反応時間:15分
<フロント>
Fスプリング:CRC 0.5(リバウンド0.3)
キャンバー:0.75
キャスター:シム前2枚、後ろ1枚
トー角:0。
キャスターブロック:10°(キット標準の樹脂製)
アーム:ロング
<リア>
サイドスプリング:アソシブルー
(締込みはシャーシに触れた状態)
ピッチング:キット標準のダイアフラム式ENCOREショック
ダンパー長:61.5mm
スプリング:CRCゴールド
(ピッチングのリバウンド 無し)
オイル:アソシ#45
サイドチューブ:京商#10000 
サイドリンク:ノーマル
<メカ>
アンプ:ブラックダイアモンドLV V2.1
サーボ:JR DS3405(平置き)
受信機:SANWA
バッテリー:(SMC)
モータ:KAWADA BMX-1 3.5T 
スパー:88T ピニオン:21T
指数:32
車高:フロント=2.0mm リア=2.3mm
バッテリーポジション:後

決勝の結果はリタイヤと残念でしたが車の動きはグリップが上がった状態でも終始安定した物でした。また今回始めて使用したカワダBMX-1 3.5Tとブラックダイヤモンドの相性が良く良い収穫となりました。
簡単では在りますがこれでレポートを終了します。
---------------------------
2011年度のレポートを見る
2010年度のレポートを見る
2009年度のレポートを見る
2008年度のレポートを見る
2007年度のレポートを見る
2006年度のレポートを見る
2005年度のレポートを見る




この記事をシェア