« | »

2017/09/13

Team CRC Japan2017レポート(28)

全日本選手権直前のこのタイミングでチームのエース ハヤト選手からレポートが届きました。忙しいところありがとう


皆さんこんにちは、TeamCRCJapanのハヤトです。


(写真は昨年のもの)

全日本選手権まで1週間を切りました。
今回は、9月9日、10日でTeamCRCJapan合同練習を行ってきましので、その時のパワー設定についてレポートさせて頂きます。

皆さんご存知の通り、谷田部アリーナさんは、他のカーペットコースと比較すると、燃費が非常に厳しいサーキットです。今大会に向けて、下記の3つのMOTORをテストしました。
(谷田部アリーナさんでは、低速域でのトルクも欲しかったのでローターは 全て12.5㎜に変更しました)

① TRINITY MONSTER 3.5T

② TRINITY REVTECH 24K 3.5T

③ TRINITY D4 3.5T

パワー感(低速から高速域までのトルク)は、MONSTERが一番良いのですが、私のドライビングではかなり燃費が厳しいです。24Kも中速域からの加速はかなり良いのですが、こちらも燃費がギリギリでした。最後に昨年度の全日本で使用したD4を確認したところ、若干MOSTER&24Kと比べるとトルクが足りない感じはしますが加速のスムーズさが抜群によく、さらに燃費が20秒ほどUPしたので、今回はD4を使用することにしました。

合同練習でのモーター & ESCの最新セットはこちらです。

TRINITYモーター & RADON ESCで参戦する選手の皆様のご参考になれば幸いです。

<MOTORセット>
MOTOR: TRINITY D4 3.5T
ROTOR : 12.5mm
進角: +25 (MOTOLYSERで計測)

ピニオン: AXON 26T
スパー: AXON 92T or 93T

123

 

 

*モーターのベヤリングは、燃費を少しでも向上させるためAXON製のX10 R2に変更しています。

写真左が純正、右がAXONです。 皆さんも是非試してみてください。

4

 

<ESCセット>

ESC: Team Powers RADON PRO V2 1s

ESCセットは下記となります(設定項目の説明

G2: Low Volt Cut=Disable(1)
G3: ESC Overheat=125Deg(3)
G4: MOTOR Rotation=Normal(1)
G5: Race Mode=Modify(1)
G6: Dead Band=4%(1)
TH1: Punch Rate A=8
TH2: Punch Rate B=9
TH3: TH SW Point=50%
TH4: TH Slope=Linear(1)
TH5: Reverse Spd=25%(1)
B1: Initial Brake=10%
B2: Drag Brake=17%
B3: Brake Force=75%
B4: Brake Rate A=1
B5: Brake Rate B=1
B6: Switch Point=50%
B7: Brake Curve=Linear(1)
T1: Boost Timing=15deg
T2: BT Trig Lv1=5
T3: BT Trig Rate=2
T4: BT Burst Rate=Linear(1)
T5: Turbo Timing=15deg
T6: TB Activation=Full TH(1)
T7: Turbo Delay=0.05s(2)
T9: TB ON Rate=3
T10: TB OFF Rate=3

以上 簡単ではありますが現時点での最新セット情報の紹介とさせて頂きます。

最後に、今回のレースで使用するマシンです。

近日 発売となるCRC新型キットにCRCjapanオリジナルパーツを組み込んだマシンです。

56

 

次回 谷田部アリーナさんでの練習予定
・9月12日 山P
・9月13日 山P、ヤッキー、遠藤
・9月14日 ハヤト、コウスケ、山P、ヤッキー、遠藤、矢野、クレスト店長

 

 


過去のレポートへのリンク
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

トラックバックURL

コメント & トラックバック

Comments are closed.

コメントはありません