Team CRC Japanレポート(25)




2005年度の締めくくりとなるレポートをいただきました。これをもって2005年度のチーム活動は終了とさせていただきます。メンバーのみなさんお疲れさまでした!ありがとうございます
明日か明後日には昨年度活動のまとめと2006年度メンバーの募集をおこないます!次は自分が・・と闘志(?)を燃やしている方はお楽しみに
2005年ワークス待遇 三重県・「幹部」さんによるレポート(カーペットナイフV3.2R)
幹部さんの愛車カーペットナイフ・レッド仕様
picture
2005 1/12レーシング全日本選手権
無理やり休みを取りまして10月7日夜より谷田部に行きました。
日が変わるころ無事到着しこれから1週間お世話になるウィークリーマンションに入居
明日の走行に備えすぐビールを飲んで寝ます。
8日 土曜日
朝一より谷田部アリーナへ
会員カードの更新を済ませすぐ走行開始
まずブルーCKで普段TRSでのセットのまま
フロント ダブルピンク44mm 半塗り 
リア  ピンク45mm 全塗り 白缶20分で走行開始
そのまま1日練習しましたがタイムがあまり出ません
回りの方に聞くと今日のグリップならスポンジ系のアクアかグリーンとのことでコース慣れに徹しました。
9日 日曜日
朝一から行きましたがスゴイ人で特に40メガのバンドが返ってきません。
なんとか1時過ぎまでに2パック走行 リアタイヤをアクアに変更したのでグリップ感もあり良い感じでしたがF1が見たくなりしばし休憩。4時から再開してさらなるタイムUPをはかりますが14秒後半で止まります。 その日は明日に備え早々と練習を辞めいろんな方のピットにお邪魔して話ばかりしていました。
10日 月曜日
この日は前日までのデータを基に路面状況を見ながらセットを変更
リアタイヤをアクアとヨコモLラバーソフトを使用しフロントタイヤとFスプリングを変更しながら走行
フロントタイヤはパープル・ダブルピンク・マジェンタを試し フロントスプリングは0.45~0.55mmまでをテスト。タイムもばらつきはありますが14秒中盤から後半で走行でき7分30秒で31週がベストで後は燃費を考えて明日よりモーターをセレクトしていきます。
11日 火曜日
それまで10Tダブルで練習していましたが10Tシングル 9Tダブル等で走行
前日までとは打って変わって人も減り走りやすいのですが、マシンが思うところに行かずイメージとのズレでクラッシュしまくりでした。 色々ばらして確認するのですが悪いとこがわからず諦めてラストパックに本番用のレッドCKを用意して走行。普通に走るのでマンションに帰宅後もブルーCKをチェック気付いた所はシャーシのヘタリのようでした。メインシャーシをひねるとクタクタに軟らかくなっていて割れ等は無いのですがカーボンが幾分破断しているようでした。特にバッテリー後部が・・・交換用の部品も無いのでグリップの低い時用と割り切り明日より本番用で再度セッティングをにつめます。
12日 水曜日
朝一にブルーCKで走行しますが既にグリップが上がり出したのか連続クラッシュ
レッドCKに変更してそれまでで一番良かったセットにして走行
Fタイヤ パープル41,5mm 白缶7割塗り15分 
Rタイヤ ヨコモLラバーソフト42mm 白缶全塗り15分
FスプリングCRC 18(0,45mm) 
キングピンシム アクスル下 0,5mm アクスル上 0,5mm アッパー上 1,5mm
ピッチングダンパーCRC製 350番 レッドスプリング 
サイドスプリング パープル
この状態で走行したところ快調に走り基本セットとし味付けにコパートーンやニフテックのグリップ剤を試しました。 ノーミスでの8分走行が無かったのでタイムはわかりませんがほとんど14秒台で走っていました。・・・が、燃費が厳しく毎回色々な組み合わせでモーターを組みましたがまだ何も決まらず焦りまくりでした。
13日 木曜日
本日はモーターとタイヤを確認するだけでOKと思ってましたが、いきなりハイサイドしてザクリまくり対策としてグリップ剤の塗り幅を減らしたりしたのですが、安定しません。 カツカツでテストしますが時間切れ
かなりの不安を残したまま全日本に突入となりました。
その夜 色々考えて対策してましたら一気に気温が下がり風邪まで引いてしまいました。
14日 金曜 全日本1日目
朝の練習走行でいきなり右アンダー左オーバーステアでまったく走れず・・・
予選一回目 チェックするが原因がわからずそのまま走行
やはりまともに走れず4分過ぎにクラッシュ走行不能に・・・
予選二回目
右リアタイヤが若干剥がれていたのでこれが原因かと思い交換して走行
まったく症状は改善されずジリ貧状態だがノータイムだと明日が苦しいので我慢の走行
28周しか走れず人間いっぱいいっぱいに・・・
発熱のため早々に寝ました。
15日 土曜 全日本二日目
昨日すぐ寝たのでまずメンテ後 フロントグリップ剤無しリア白缶20分と普通ならドアンダーマシンにして予選三回目に。
遅いながらもなんとかごまかして31周に
フロントのグリップを落としたのに何故かリア廻りがフラフラしたのでシャーシをチェック
練習用のブルーCKと同じように軟らかくなっていました。
対策としてシャーシブレースを2枚重ねにして応急処置
フロントのグリップ剤も白缶を3mmくらい塗り
予選四回目に備えました。
またもや右アンダー左オーバーが出て5分過ぎにリタイヤ
悪あがきも功を奏しません。
後一回悔いは残したくないのでまたも全バラをしてチェック
今回は友人にデジタルノギスを借り細かく調べていくとなんと大ちょんぼを発見
フロントのスプリングが何故か右0,5mm左0,45mmに。新品をつけたはずなのにやらかしてました。
ほぼ原因はわかったので一番良かった時のセットにして最終の予選5回目に挑みました。
信じらない位よく走り14秒台中盤から後半で走行できいけると思いましたが燃費テストがほとんど出来なかったつけがきて7分過ぎからペースダウン 何とかタイムは更新して31周2秒になり最終予選結果は80位に・・・ 終わったとたん疲れが出てもうろうとしながら夕食を食べ知らんまに寝てました。
16日 日曜日 全日本3日目 決勝
私はHメインで同じCRCワークスの石川さんやCK使いの吉田さんもいてなんとかついて行きたい所ですが最後は無事完走狙いで決勝日にモーターを考えて組んでテスト(遅すぎですね)
スタート後いきなり絡んでドベに。既にトップはすぐ後に・・・諦めかけましたがとりあえず最後までと思い走行大分良い感じで走行でき他の方のバッテリ-ダウンに助けられ何故かトップゴール(奇跡です)
最終結果 71位 31周3秒
決勝セット
Fタイヤ CRCパープル貼り付け済み 41mm
Rタイヤ ヨコモLラバーソフト 41mm ホイールCRC
グリップ剤 白缶 F 4分の3塗り20分 R 全塗り 20分 前後コパトーン全塗り10分 
ふき取った後に最後にザクリ対策にマイティグリップをフロント30秒塗りすぐにふき取り(何故か前半のザクリが消えました。)
Fスプリング CRC 18 0.45mm
Rダンパー CRC Dura ショック オイルヨコモ350 スプリング レッド
ダンパー長 66mm ダンパ取り付け穴をポスト側を後方へ角度をあわすため2mm上げ
Fサスアーム キャスター可変10度(アルミ)
前後にシム(中間状態)
CRCナイロンアッパーアーム
Fキャンバー 1度
キングピンシム アクスル下 0,5mm アクスル上 0,5mm アッパー上 1.5mm
トーイン 0度
F車高調整スペーサー  無し
R車軸  IRS3mm
車高 前2mm サイド2mm リア2mm
シャーシブレース2枚重ね
サイドスプリング  パープル サイドリンク バッテリーポスト穴まで延長
ロールダンパーオイル 京商15000番グリス少量
ローロールセンター
モーター ツインズ 10T 回転数28500rpm 7A
モーターブラシ  リーディー スプリング ミワ0,55 140度 5巻き
スパー88 ピニオン28
バッテリー イーグルIB3800 お手製24セル内マッチド
ボディ パーマSP8
翼端板 規定いっぱい
アンプ    KO VFS-1コンペテション
レシーバー KO 302F
サーボ    KO 949ICS
サイドポストを2mmシムで上げてロールダンパー角度を変更
受信機電源にVXRリチウムポリマーを使用
結果は付いてきませんでしたが楽しめた濃い9日間でした。
3月からTRSシリーズ戦に使用し色々な工夫をしながら全日本まで約300パック 
友人も増え楽しくラジコンが出来ました。
全日本後 体調を崩し12月のTRSシリーズ戦で数パック以降走行していませんが暖かくなったら再開しようと思っています。
CRC CK3.2Rを提供してくれたきみひこさん 色々とありがとうございました。
Team CRC Japan2005年度のレポート一覧




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です