« | »

2019/10/31

Team CRC Japan2019レポート(19)

ハヤト選手より今年6本目のレポートが届きました


TeamCRCJapan 石岡 勇人です。

今年6発目のレポートは、10月18日~20日 谷田部アリーナで開催されたAOCと10月27日 クレストで開催されたクレスト25TH記念レースでのタイヤ&BODY情報です。

<AOC in 谷田部アリーナ>

lu4052m9e2v_tmp_ee6022a488d6847d

結果から言うと 予選4位、決勝4位とかなり悔しい結果となりましたが世界戦に向けて、BODY&マシンのテストが色々できたので収穫はありました。

lu4052m9e2v_tmp_a86f196ec32685f7

タイヤは、H系、コンビ系と色々やりましたが、路面グリップ上った状態では、フロントA30リアAXX30がフィーリング&タイムともに一番良かったです。BODYも色々やりましたが、谷田部アリーナのような大きなコースでは、コーナーリングが安定するBlackArtのBomb’Rが一番良かったです。タイトなコーナーが多いコースではBlackArtのローラfloppyがお薦めです

 

<クレスト25TH 記念レース>

lu4052m9e2v_tmp_c559bdf6464125d3

lu4052m9e2v_tmp_b5db6ffa53049bf2

レースは、TQ+WINすることができました、マシンのセットは 谷田部アリーナとほぼ同じセットでOKでした。タイヤも、AOCのときと同じ フロントA30リアAXX30が良い感じでした。若干リアのグリップが軽い(旋回は速い)ので、リアを安定させたければ、リアをコンビ系にすれば更に安定すると思います

BODYですが、クレストのように小さいアーチ のコーナーが多いコースでは、ローラfloppyが良く曲がりタイムを出せると思います。

谷田部で良かったBomb’Rですが、若干曲がりが足りないと感じました。ただ、安定感は抜群に良いと思うので 是非一度試してみてください。

以上 簡単ではありますが AOC、クレストでのタイヤ&BODY情報です。


過去のレポートへのリンク
2019年 2018年 2017年 2016年 2015年
2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
2009年 2008年 2007年 2006年 2005年

トラックバックURL

コメント & トラックバック

Comments are closed.

コメントはありません